気ぃつけて!

ピカピカの一年生・三男坊に学校で何を習ってきたのかを聞くと

ひらがなの「こ」と「に」を習ってきたと笑顔で答える。

「おー、見た目ややこしいな…。じゃあ、コマとかコアラとか

”こ”のつくもの何か言ってください」って質問を投げかけると

「え~っと…、こねずみ!」

あ~、あれね、あのチッサーマウスね!ってなるか。

それ言い出したらキリないやつはアカンぞ、小鳥までや!である。

う~ん、恥ずかしがらんとよう言えるなぁ?みたいな話なんだけど、

いやね、愛すべきおかあさんも負けてないのだ。

ちょっと足の悪い愛すべきおかあさんから配達を頼まれる。

「にいちゃん、あれやで、12階の402号室やで。間違えなや」と。

「んっ?12階の?4階じゃないんや、ややこしいな…」

「なんでや!4階やん。あそこの12階建てのマンションってことや」

なんでや!やあれへん。いらん、いらん、12階の…っていらん!なのだ。

で、配達へ行くと居ない…。再配達しても、また居ない…。

もうね、怒るとか通り越して心配になるのね、どっかでコケてんちゃうか?って。

電話してから…と、何度かベルを鳴らしても出ない。

夜の7時を回る。

アカン…、いよいよ、ヤバい…どこでコケてんのや…。

発見が早い段階だったので助かった的な話もあるし、

8時になって電話でえへんかったら警察へ電話するわ…なんてスタッフ達と話す。

運命の8時、恐る恐るベルを鳴らすと、

「あ~、にいちゃん。持ってきてくれるか」と心配をよそに元気な声。

配達へ向かい、玄関先で「よかったぁ!どっかでコケてんちゃうかって思ったわ」

「えっ、なんで知ってん?たまたま近くにお巡りさんがおって送ってくれてん…」と。

ほんまにコケとったんかい!である。

「え~、気ぃつけなアカンで!レディーに聞くのアレやけど、だいたい何歳よ?」

「何歳やと思う?」

いや、レディーか!だ。

「え~、じゃあ、まあ…、87歳!」

「なんでやねん!86歳や」

なんでやねん!やあれへん。かすっとるがな…である。

「わはは…、まあ、良かったわ。ほな、帰るで。ドアの鍵閉めてや」

「あ~、おおきに!外、暗いし、気ぃつけて帰りやぁ」と。

 

あ、あ、あんたがやぁぁぁ…である。

 

何事もなかったような笑顔で

最後は、私への気遣いを忘れないおかあさん。

ほんまに愛すべきである。

2017/04/24

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン