よくやき。

来月で堺駅南口店が8周年を迎えることになる。

お世話になっている愛すべきおかあさんへ

どないして還元させていただこうかなんて話をスタッフ達とする。

じゃあ、えらいもんでね、8年にもなるわけだから

顔とか名前とか食事の好みなんかも話題にあがったりするわけ。

いや~、顧客密着型スーパーマーケットを目指してやってきて

なんかね、く~!つって感慨深くなるのね、うん。

ほんまに感謝感謝である。

もっともっと喜んでいただける企画を考えてまいります!

で、まあ、そんなね、ええ気分で本店へ向かい

店内へ一歩足を踏み入れたときだ。

んっ、あれっ、違うぞ!やっぱ違う!である。

もちろんね、大切なお客様に変わりはないんだけど、

8年の歴史と51年の歴史ではテイストが随分と違うな…だ。

いやね、堺駅南口店なら数えるぐらいの人数で「にいちゃん」なのが、

本店は、ほぼほぼ全員が「にいちゃん」と呼んでくる、しかも、雑に。

そして、にいちゃんと呼び止めたあとの質問というか理由というか

「なんやねん!」と言いたくなるものばかりだ。

「表に置いてる漬物の桶、もろてええか?」と。

「別にかまへんけど、何に使いますの?」

「めだか、飼うねん」

まあね、無視するわけにもいかないからね、一応、乗っかってね

「あ~、大きくしてから あれやな、天ぷらにして…」言うてんのに

「可愛いで~。でもな、親が子を食べるから別にせなアカンから…」なんてね

私の渾身のジョークなんて素無視で、めだかの飼育法の説明に忙しい。

また、あるおかあさんも

「なあ、にいちゃんや。私が朝に食べてる食パン、あれ、何やった?」と。

あのね、おかあさんが食後にあっさりしたもんを食べたいからと

抹茶味の最中を2つ買うことや宮竹さんの塩昆布をごはんにのせて

お茶漬けするのが大好物だったり、おとうさんと二人暮らしで

そんな食べへんのに冷蔵庫はパンパンにしとかな嫌やねん!ってことを

数年前から続いてることは知ってても、食パンは知らんがな…である。

「なんで知らんねん!覚えとかなアカンやろ」と怒る。

えっ、怒られなアカン?である。

「ごめんやで、覚えとくわな」

「ほんまに…覚えときや。で、あれやで、焼き方は”よくやき”やで」

と笑顔で帰られた。

いや、なんやねん、よくやきって…。

吉野屋の”つゆだく”みたいに言うな!である。

いやいや、まあ、それでも、8年も51年も歴史の長さなんて関係ない。

♪どちらも大事だ~大切にしろ~容易いことだ~愛すればいい~

byさだまさし である。

2018/06/14

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン