やっと。

1月前ぐらいだろう、中学2年生が職場体験にやってきた。

学校では学べないことを少しでも感じてもらえれば…

なんてね、毎年の恒例行事となっている。

で、青春真っ盛りの彼らと休憩時間とかにいろんな話をするわけだ。

「あれか、普通にスマホとか持ってんのか?」「はい」

「中学生にはいらんやろ、スマホみたいなん!」「いや、いりますって」

「なんや、ほな、みんな持ってんのか?」「んー、みんなちゃいます…」

「みんなって全員やぞ、全員か」「うーん、ま、ひとりとか…かな持ってないの」

「そうか、うちの子、中2やけど…、そのひとりや。持ってへんぞ」

もうね、こんな顔。

えっ、そ、そんなにヤバいんか…。

で、まあ、さすがにね、最近は本当にかわいそうになってきて

まわりからも「よく耐えてますね…親も子も」なんて言われたりするし、

ま、テストの点数も合格点をクリアしたってことで

携帯ショップへ妻と息子とそろい踏みで出かけた。

「あれっ、えっ、おとうさん、なんか、だいぶ老けたな。あはは…」

はぁ?である。

嬉しくて嬉しくて仕方がないのか、普段そんなにしゃべらないのに

訳の分からんことをずっと口走っている。

いよいよ担当のお姉さんに呼ばれ、交渉がスタートする。

安っすいのんでええやろ!言うてんのに

iPhoneのどうたらこうたら…と、隣でまくし立ててくる。

で、1ギガっていうの?それでええやんけ!なんて言うたもんなら

「はあぁ?」

ってね、誰に教えてもらったらそんな顔できんねん!ぐらい

自分のむすこなのに今まで見たことのない顔で怒ってくる。

「何もでけへんわ!」「何もでけへんことあるかい。Wi-Hiがあるとこでせえや」

「なんでやねん」「なんや、公園ですんのか?そんなとこですな。野球とかせえ」

「公園でするわけないやろ」「なんや、駅とか電車でか?友達とおしゃべりせえ!」

ま、こんな言い合いをやりながらも、ようやく手に入れたはiPhoneは

もうね、天皇陛下へ献上するかのように両手で大事に大事に扱っている。

テストの点数が何点以下になれば1か月没収とか

11時以降使用すれば2週間?没収とか

なにやら妻と何項目もある誓約書が交わされていた。

ま、信用するしかないんだけど、上手に使ってくれれば…である。

しかし、時代っちゃあ時代なんかもしれないが…難いのぉぉ。

長男よ、ワレ、こらっ、甘やかすのは簡単やねんからな!

今までひっぱってきたけど、さすがに、なっ。

我慢した分、逆に振り切ってまうんちゃうかと心配する今日この頃。

友人たちよ、良き友と信じています。

2018/12/11

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン