天津飯。

食べ物の好き嫌いってのは誰にだってある。

皆が皆「美味しい!」っつう食べ物なんてあんの?ってぐらい…

とか考えるようになったのは、まあまあ大人になってからだ。

それまでは、カレー嫌いなやつなんておらんやろ!って思ってたし。

で、まあ、その大人になるとだ、好き嫌いの切り口がシャープになる。

メロンソーダ好きやけど、メロン嫌いとか

珈琲ゼリー好きやけど、コーヒーそのものはあんまり…とか

えっ、なんで?口の中どないなってんの?って思うことも結構あるし、

行列ができるお店でめっちゃ並んで食べたけど、「いや、そない…」とか

味そのものでなく、食べる場所やシチュエーションであったり

誰と食べるか、話題性、高いか安いか…など、いろんなことが考えられる。

加えて食べ方にもうるさい。

「中華丼はアカンねん、八宝菜とご飯と別じゃないと無理やわ」

「えっ?じゃあ、カレーは?」「カレーはイケる」「どないやねん!」的な…。

つまり、これだけややこしい好き嫌いがあり、これだけ飽食の世の中で

自分が大好きなものを大好きと同じように言ってくれる人が少なく感じるのだ。

そんななか、今日、うれしいことがあった。

いやね、手前味噌で申し訳ないが、うちの天津飯、マジで旨い!と思ってる。

中華一筋だったスタッフが、餡をいちから作ってくれてるんだけど、

とろみ加減がヤバいの、ちょうどなのね、超ちょうど!

出来立てが旨いなんてのは、なんか当たり前なんだけど、

お惣菜で販売させていただくにあたり、なんつうの…

電子レンジでチンッすることによって絶妙に仕上がる感じなの。

もうね、近所のちょっとしたイザコザぐらいだったら

この餡がしっかりまとめてくれるんとちゃうか!ってぐらい。

で、まあ、私がオーバーに言うもんだからスタッフでさえも

「い、いや、美味しいよ。美味しいけど、そこまで…」な意見もチラホラ。

えっ、なんで?この餡の凄さ、わからんの?とモヤモヤしてるとこへだ!

愛すべきおとうさんが私を呼びつける。

「おいっ、にいちゃん、ちょっと…。今日、天津飯ないんか?」

「うわっ、ごめんなさい!売り切れてしまいました」

「そうか…、遅かったか…。あれな、クセになるわ」

ほらほらほら…でしょ!ねっ、いったでしょ!である。

お話しすると、チンするくだりまでまったく同じなのだ、ピッタンコ。

私が作ったわけやないけど、こんなにうれしいことはない!

まあ、期待値をあげまくると良くないので正直にいうと…

まあ、たぶん、なんてことない天津飯だと思う。

ただ、食べ終わると、んっ、あれっ、また食べたなってるやん…

そんな天津飯である。

一度お試しいただきたい!

ほんまに旨いと思うんやけどな…。

2017/06/23

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン