食べ残し。

休みの日は、息子と食卓を囲むようにしている。

楽しい食事になるはずなのだが、間食をしたせいか食べようとしない。

必死の説得でようやく食べ始めたのだが、少し食べて「もう、いらん」の顔で平気で残す。

良くない。

世界にはすさまじい数の人間が飢えで悩まされている。

そんな中、豊すぎる日本では毎日のようにえげつない食べ物の廃棄がある。

「もったいないやろ!」と言ったところで、まだ解ってくれないであろう。

私の食育の師匠が執筆された「こころを満たす食、こころを枯らす食」という本では、

「満たされている環境だからこそ、こころの飢えが進行している」

と、訴えていらっしゃる。

確かに!!

三つ子の魂、百までも、である。

関係ないが、小さい頃「人の話は目で聞け!」と剣道の先生にこっぴどくしかられていたので

いまだに結婚式のあのスピーチ中のザワザワ感が堪えられない。

このように小さい頃の価値観はなかなか変えられないので、

今のうちにメンタルな部分をいっしょに勉強する必要がある。

食に関しては、皆で楽しい食卓を囲むことでほとんど解消できるはずである。

「出されたものは、きれいに食べな気がすまへんねん」

という価値観が芽生えるとうれしいのだが…。

そのためには、私も嫌いなシソをおいしそうな顔をして食べなければならない。

鼻をつまんででも…。

皆さんも楽しい食卓を。

2006-09-24

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン