春。

暖かすぎて気持ちが悪い。

やはり、温暖化が進んでいるのだろうか?

ここらでいっちょう食い止めなければならない。

身近にできることから…、子供達の未来のために…、である。

ペットボトルや牛乳パックの回収を行っているので買物ついでに。

さて、暖冬ということで春の旬達なのだが、

「今年はどないなってるんや?」と慌しく市場を走り回っている。

春キャベツやフキ、新子にかますご…などなど。

その中に「うわっ、白魚や」である。

sirauo

佐賀県より早春を伝える「白魚」、おどり喰いである。

「こりゃ、うまい!」って訳ではないが、

なんか生きたままポン酢で「春」を食べたくなる。

以前、本気で嫌がる妻に食べさせようとポン酢片手に追い回してると

「いらん言うてるやろ!」とブチ切れ、どちらもポン酢まみれに…。

夫婦円満にはもってこいの「おいしい春の魚」である。

旬のもんは栄養満点なので、やはり意識して食べていただきたい。

日本の四季を大いに楽しむべきである。

なので、「春の旬」を子供にどんどん教えていきましょう。

息子よ、雪が溶けたら何になるか知ってるか?

水とちゃうぞ。

春になるんやぞ。

2007-02-20

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン