魚ばなれ。

ここ3週間ほど「とれとれ市」を開催できずにいた。

海の神様のいたずらなのか、火曜日・金曜日にきっちり海が時化る。

本日は天候にも恵まれ、久しぶりに泉佐野漁港へ。

愛すべきおかあさん方も「待ってました!」とばかり

4時ごろから「まだか?、まだ帰ってけえへんのか?」とブーイング。

お目当ては、「今が旬!泉州名物しゃこ」だ。

春は子持ちが多く、身が甘い。

見た目は「虫」そのものなのだが…、旨い!である。

難点は、「湯がくのがじゃまくさいねん!」である。確かに…。

最近、よく取り上げられている「魚ばなれ」の原因に

「下処理がめんどう」、「魚料理がめんどう」、「食べるのがめんどう」など。

そういう需要に応えようと「骨のない魚」を開発する動きまで…。

骨のない魚など、ウズラ卵の入っていない中華丼である。

物足りん!だ。

海に囲まれた日本。

魚食わんと何を食べる!である。

「とれとれ市」は鮮度もハンパやないですし、

価格も市場に流れる前の段階なので絶対的に安い。

またお子さんには「楽な道とじゃまくさい道ならじゃまくさい道を選べ!」

と、人生の教訓なども魚を通じて教えることができる。

その上旨い!のだから、魚はえらい!だ。

かるがもおかあさん。炊いたり焼いたりじゃまくさいですが、

我々堺人が「魚ばなれ」に一石を投じようじゃありませんか!

是非とも「とれとれ市」を。

おいしい魚達と一緒にお待ちしています。

2007-04-13

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン