空豆。

先日、これからが旬の空豆を「是非とも!」という意味で

塩茹でにして試食をおこなった。

昔はあの匂いがどうも苦手なったのだが、

えらいもんで今ではなんともない。むしろ「ええ匂いや!」である。

「おいしいわ?。ほれ、あんたも食べてみ!」と愛すべきおかあさん。

「わはは…。そうですね。ほな、ひとつ…」と薄皮をむいた瞬間。

「こらっ、誰が薄皮むいてええ言うたんや!」

33歳にして久しぶりに豆の食べ方で怒られた。

「あんたはえんどう食べるときも薄皮むくんか!

まあ、私も昔、お父さんによう怒られたけど…。あかんやろ!」

この平成の時代。豆の食べ方でここまで怒ってくれる人がいるのだろうか。

リンゴのように皮と身のところに栄養がたくさんあったり(空豆は…?)、

”もったいない”であったり、

おっしゃられるように薄皮ごと「パクッ」といかなアカン!である。

ハンバーグやカレーライスなどが「子供の好きな食べ物ランキング」で

えらそうに上位の方でふんぞり返っているが、

の時期はやっぱり豆やで?、である。

ほんで、「皮ごし食べんかい!」と怒ったらな…、である。

なんか昔の料理がどんどんなくなっていくようで心配でならない。

泉州名物の「水なす」も今が旨い。

「えびじゃこ」と豆(大豆やけど…)を炊いたもんなら、飯3杯はかるい。

今が旬を…、和食を…、

今一度見直しましょう。

2007-05-14

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン