星。

ミシェランガイド東京”が発行され、えらい噂になっている。

「チェッ!」である。

「くいだおれ」の大阪や「京料理」の京都がある

関西へまさかの挨拶なしに、だ。

「すんまへんけど、先に東京行きまっさ」と一言ぐらいあっても…。

さて、その東京の飲食店ですごい数の星を獲得されたと聞く。

さすが大阪のライバルだけのことはある。

どんだけ旨いのか、いっぺん寄せていただきたいのだが、

私は歌が音痴なだけではとどまらず、味音痴。

ケチャップとウスターソース味が、

一番旨いという”ど下町”の舌の持ち主だ。

そのような人間が、粋なレストランへ行く値打ちはない。

行ったところで「大将!このタレ旨いな?」などの

しみったれたコメントしかできないであろう。

で、そんな人間が言うのもなんだが、

三つ星ぐらいでは効かないのが”オカン”と”妻”の料理だ。

外国の方はそれぞれ言い方が違うと思うが、

日本には「おふくろの味」っちゅうハンパやない味がある。

オカンのよく作ってくれた特製ババロアといったら…。

妻のよく作る…え?…晩飯で食べた?…あの?…といったら…。

めちゃくちゃ旨い。

妻を含め、かるがもおかあさん方。

子供には「やっぱり、オカンの料理が一番やな?」

と言わせたりましょう。

もちろん、地域の愛すべきおかあさん方には

「日之出屋さんは、三ツ星やで」と言っていただけるように

私会長、精進してまいります。

2007-11-23

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン