入園式。

息子がいよいよ旅立ちのときを迎えた。

しかし、初っ端から荒れ狂う大海原への出発やな?と不安がよぎる。

というのも、式当日の天気予報は思いっきり開いた傘マーク。

「神さん、そんなせっしょうな?!3歳でっせ!ちょっと酷やおまへんか?」

前日、ベランダにて煙草をのみながら、空に向け必死の祈りをささげた。

以前、伊勢神宮にてお賽銭箱への大胆な千円投資が効いたのであろう。

「前回の祈願でお釣りがでたさかい、ちょこっとだけやで!」

神さんから粋なプレゼント。

朝の8時ごろまで土砂降りという演出まで用意していただき、

きっちり式の間だけの奇跡的な晴れのち曇り。

神様、心から御礼申し上げます。

さて、その式の様子を妻から聞くと…。

「おかあさんから離れられへん子が2人だけおったわ?」

「まあ、そら、おるやろな?。んっ…えっ、まさかとは思うけど…」

「あんたの子や!」と大爆笑の妻。

オトンとオカンにもその話を。

「情けないやっちゃで?。泣きはせえへんかったらしいけど…」

まさかの話をしたつもりだったが…。

「なにが情けないねん!あんたは泣いとった!」とおかん。

息子よ、雨や思っての晴れは格別やったやろ。

あれはな、叱るべきことはきっちり叱る人が

褒めてくれたときのあのなんともいえん喜びを教えてんねんぞ。

ワシからのプレゼントや。

叱るとこはガツンッと叱っていくからな。

ほんで、情けないなどと言って「すまん」。

情けないのはワシやったな。

2008-04-11

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン