遠慮。

明日は、待ちに待ったクリスマス・イブ。

長男は、サンタの存在をなんとなく肌で感じる年齢になり、

「言う事聞かへん子のところには来えへんぞ!サンタさんは…」

なんか言うたもんなら、ビックリするほど聞き分けのええ子になる。

「それだけはご勘弁を…」と必死のぱっちだ。

で、そのプレゼントをもらう!で少し気になったのだが、

近所のチビッコ達に「お年玉でも…」と思っても、なんやあげにくい。

すぐにおかあさんのところへ走っていき、報告しよる。

それはそれでいいのだが…、黙ってもろとけ!と思ってしまう…。

私といえば、幼い頃、近所のおっちゃんからお年玉をもらおうと

訳もなくそこらへんをウロウロ?ウロウロ?としたものだ。

また家の近所の商店街では「お?、おかえり!食べるか?」

などと声をかけてくれて、一銭も使わずに

コロッケやたこ焼きで腹いっぱいになったものだ。

おばあの教育も「もらったらアカン!」とかではなく、

「もろたら物喜びする子やないとアカン!」やったし…。

まあ、報告せずによく叱られたが…。

なので、「こういうもんは輪廻やから…」と考えているのだが、

まだチビッコ達に渡せずじまいでいる。

近所のええおっさんになりたいだけやのに…。

親に黙ってもらっとく年齢になるまで待つしかないか…だ。

そんなことを考えてるところへ一本の電話が鳴る。

「お?、にいちゃんか?毎年のことやけど、猫か犬のどっちがええ?」

展開が速すぎて、なんのこっちゃさっぱりわからない。

「カレンダーや!カレンダー。いるやろ!取りにおいで!」

と、毎年なぜか用意してくださる愛すべきおかあさん。

「あっ、あんたは男やから、世界遺産の方がええか?」

どこからかわからないが、たくさんもらうから…とおっしゃられる。

カイチョーとして愛すべきカレンダーを受け取らないわけにはいかない。

ありがとうございます。

遠慮なく頂戴いたします。

じゃあ、息子もいますし、「犬」でお願いします。

2008-12-23

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン