ナン。

バタバタが続いてたので息子達との時間を取り戻すためにも

遠のいていた「男の料理」を復活すべく頭をひねった。

う?ん、何(なん)にしたろ??

…そうや!ナンにしたろ!である。

nannpop

写真を見ていただいてもわかるように

これはただ「ナン」を販売している訳ではないのだ。

よく目にする「家族みんなで…」的な車のCMと同じである。

あのCMは車に重きをおかず、子供との時間・空間を販売している。

そうナンです!このナンも「親子のコミュニケーション」を!

というメッセージが紙面いっぱいに込められているのだ。

息子は、まだ「ナン」の存在を知らない。つまり…

「お父さん、これ、何(なん)ていう食べ物?」

「これはな、ナンていう食べ物や!」

「えっ?なんて?」

「だから、ナンて言うたんや!」

「もう?!なんやねん!」

「いや…だから、ナンやねん!」

こんなナンだらけの会話で息子との時間を楽しみたかったわけだ。

で、タオルを頭に巻いてターバンもどきをし、出来たのがこれ。

nann

インド人もびっくり!完璧である。

すると、案の定、「お父さん、これ、なに?」と…。

いや…、なにって…、なかなか予定通りには進まない…。

「これはナンや!」「なんや!ってなんや?」に変更しようも

「えっ、ナパン?」と無理から「パン」に持っていこうとする息子。

ナパンなんか言うてへんやろ!である。

まだ、ちょっと彼には早かったようだ…。

息子よ、もうちょっと日本語と関西弁を勉強してくれ。

「ナン」ひとつで笑いの絶えない食卓になるさかい!

2009-03-17

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン