てんとう虫。

嫌な季節が近づいてきた…。

先日、息子から「絵本を読んでや!」とお願いされたのだが、

表紙にリアルに描かれた「てんとう虫」の絵を見てそう感じた…。

いよいよきたか…虫の季節…と。

まあ、サンバにあわせて踊るぐらいやし、かわいいもんやろ!

そんな甘い考えでいたのだが、絵本を読むにつれ、

「アカン!てんとう虫でもやっぱり苦手や!」とドンドンとテンションが下がる。

結婚式でも活躍するキュートなイメージやったのに…だ。

えっ?こいつ、脱皮とかすんの?である。

生まれてきた時から”てんとう虫”とばっかり思ってたのに…、どうも違うらしい。

「なんやねん!気持ち悪いのー!」などと、

ぶつぶつ言いながらページをめくる。

すると、今度は脱皮どころではない事件が…。

うわっ?なんや?こいつ、肉食なん?葉っぱ食えよ!である。

しかも、「アブラムシ」という小さい虫を山ほど食べるらしいが、

その数を数字で表すことなく、「これだけ食べるんですよ!びっくりでしょ?」

と言わんばかりに”アブラムシ”の絵で食べる量を表現してけつかる。

もし、絵本の作者が隣にいたら、怒鳴り散らしているところだ。

本を読み終え、恐る恐る彼を見ると想像以上の興味津々顔。

「オエー!」とか言ってる私なんか完全に無視だ、虫だけに…。

で、翌日、仕事から帰ると、案の定である。

きっちり山ほどの”アブラムシ”と2匹のてんとう虫のさなぎ。

で、その翌々日、さなぎから見事てんとう虫になりよった。

今まで知らなかったこの偉業に立ち会わせていただけて

息子に感謝しなければいけないのであろうが、

エサとなる”アブラムシ”だけはどない考えても無理や!である。

息子よ、飼おうがなにしようが好きにしたらええ!

ただなー、あの忌わしいアブラムシの管理だけは頼むぞ。

絶対ありえへんことやけど…

もしもや、一匹でも脱走したということになれば、

お父さんは家に帰ってきませんからね。

2009/06/02

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン