一番。

長男がなにかと「一番!」を口にする。

車を運転していても「前の車を抜け!」などの指示があったり、

私とするジャンケンやかけっこも負け越してくると

勝負をうやむやにしようとしたり、泣いたり…。

負けず嫌いは悪いことではないと思うが、

行き過ぎとちゃうか?嫌われへんか?と心配にもなる。

私もまあまあの負けず嫌いだが、経験から言わしてもらうと

そうなればなるほど案外能力を発揮できないものだ。

やはり「無の境地」、「無心」が絶対的に強い。

というのも、私の剣道の戦績において好成績のときは常に「無の境地」。

初めての大会、体調不良、中学2年、高校2年…などの

「まあ、別に負けたかてええわ!」っちゅうなんかセコい考えの時で

邪念がゼロになり、めっちゃ集中してたんやろなーと今になって思う。

※「別に負けても…」っちゅう考えはどうかと思うけど…

なので、そのクールな時においては息子がよく言う「一番」にもなれた。

まあ、その、あれだ、考え方によっては…だが…。

それは、高校3年生の時の日本一が大阪のよく知るやつなのだが、

中学2年生の時なんかは私の方が彼よりいい順位の大会もあって

つまり、中学2年生のときの私は日本一のやつよりも上!

と容易に考えることができ、剣道界においては日本一=世界一

といっても過言ではないことから…

あれ?もしかして、「地球上で一番」の瞬間があった…?といえる。

息子よ、ええやろ!このプラス思考。

まあ、でも、「一番!」って思うことはええことや。

なんのスポーツするんか知らんけど、頑張ってください。

私も愛すべきおかあさんから「一番ええわ!」って思っていただける

スーパーマーケットを目指して頑張りまっさかい。

それはもう一心不乱にやで!

2009/07/01

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン