頑張ります!

「にいちゃんとこの息子さんといっしょの組やねん」

「うちの孫は1組やねん。仲良うしたってな」

こんな感じで小学校に通う息子つながりでお客様と話すことが多くなった。

お客様とお話するいいきっかけになるので

商売人の息子を自覚しているのなら、しっかり営業してこいよ!である。

そんな息子が夏休みを迎え、自由研究の題目が決まった!と妻から聞く。

”ふんころがしの研究”だそうだ。

完全にぶっとんでる…である。

「なんじゃそれ?自由やのに、なんで、わざわざ”ふんころがし”って…」

「ええやんか!ファーブルも夢中になったあの”ふんころがし”やで」

と妻が語気を強めて言う。

「いや…、”あの”って…、別にええけど、そんなん、売ってんのか?ふんころがしって…」

「探すんやん!」と妻が声を荒げて言う。

えっ?探せる?そんなわけのわからんヤツ?

南米とかに行かなおらんのとちゃうか?である。

「探しに連れていったってや!」と妻が静かに言う。

無理!無理!絶対、無理!

そんな”ふんころがし”が生息しそうな所ってのは、

他にもいろんな虫たちがうじゃうじゃおるわけやろ…、

で、もしよ、もしもやで、奇跡的に見つかったとしよう、ほんなら、あれやろ、

おかまいなしにふんをころがしてるんやろ…、腰抜かすわ!である。

まあ、どれだけ言おうが、私に拒否権なんてのはなくて

どっかのタイミングで行くことになるんであろう。

しかし、フンをころがすわけだから、フンのあるところに…ではないのか?

う~ん、かわいい息子のためだ、頑張りたいと思う。

さて、こんな気持ちの悪い話をつづってるわけだが、

本日21日で新しい店舗がちょうど1年を迎える。

お客様より「にいちゃん、おめでとうさん!」と一輪の花をいただいた。

そう「堺にひとつだけの花」だ。

110721_212001

「うちが花をあげたのは、今まで生きてきた中で

ピアニストのグリ…なんちゃらって人とあんたの2人だけや!」

なんて、本当にうれしいことを言ってくださる。

愛すべきおかあさんのためにも、かわいい息子のためにも

まだまだ頑張らなアカンわ!である。

愛すべきおかあさん、お花、ありがとうございます。

2011/07/21

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン