嬉しすぎる…。

私は「しゃべり」である。

小学校の時、奥川先生から毎回の通信簿に「よくしゃべってます」のコメントをされ、

両親からも「もう勉強はええから、そないしゃべりな!」とも怒られ続けてきたが、

フタを開けたら、どうってことない…そのまんまの「しゃべり」。

遠距離を車で走る場合、助手席なんか座らせたもんなら、

頭の上のボタンをポチッって押されるまでしゃべり続ける自信がある。

ひとりで居る場合は「え~と、お茶飲もう…」ぐらいの独り言をつぶやく程度だが、

対人、それは大勢でもふたりっきりでもだ、シーン…ってなるのがホント恐怖で

あの西宮の夜景とか京都の鴨川とか黙って見てるカップルの人とか信じられない。

「えっ…なんで?なんで、しゃべらへんの?キレイから?言葉を失うほどキレイから?

いや、そうかもしれんけど、黙って見てるは無いやろ…」

なんてことをベラベラしゃべってて、もうね、それは幾度となく

「うるさいねん!ええやろ、別に…。アホか!」

って怒られる展開になるんだけど、いやね、そうなんです、

私みたいにところ構わず、ベラベラしゃべらない人は確かにいらっしゃって

それがまたカッコええんです、ハイ…。

本日、近所のお花屋さんがいらっしゃって

「これ、お祝いに!とのことです」とお花を手渡された。

__0004

「どちらさんから?」と聞くと

「それが…、名前は伏せといて!って…。もちろん、日之出屋さんのお客さんですよ。

どっかに飾ってください!いうてました」と。

か~!粋すぎる…。

なんで?なんで?そんなにカッコええの?である。

っていうか、嬉しすぎるっちゅうねん!である。

嬉しすぎて、思わず、ブログを綴ってるっちゅうねん!である。

どちらさんか探るような野暮なことは致しません!

粋なんを粋のままにしときます。

心から御礼申し上げます。

ありがとうございます!!

ヤバい…、まじで嬉しい…。

見返りを求めない愛。

これぞ、愛すべきおかあさんの極みである。

私やったら「俺や、俺!俺からや!」とか言うてるやろな…。

2011/07/28

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン