ただただ申し訳ございません…。

8月に入り、まずはお客様にお詫びしなくちゃいけないことがあります。

誠に申し上げにくいことですが、14日~16日の3日間お休みをいただくということ。

今のこの時代、スーパーにおいては年中無休なんてのは当たり前の流れで

お客様のことを考えたら、「そら、そうやろ!」と営業しなければなりません。

では、なぜ休むのか?のご説明が必要かとブログを綴っている次第です。

様々な理由がございますが、いくつも挙げられないので簡潔に…。

まず、当社の社是に「わが社に集う人々の物心両面にわたる

豊かさづくりをもって国家社会に貢献する」ってのがあります。

先人の方々のおかげで今や日本は世界トップクラスの生活水準。

確かにモノやサービスにおいては、びっくりするほど「豊か」ですが、

それはGDPっちゅうものさしでの「豊かさ」であり、

乱暴な言い方をすると”カネ”が幅をきかせてる!って話だと思う。

そう、豊かになったモノやサービスを

「とにかく、売ろう!売ってなんぼや!」と数字に振り回され、

どこか完全に支配されているようにも感じてしまう。

以前は、それがすべてであったと思うし、本当に感謝しているのだが、

しかし、今や、そんな時代ではないような気がしてならない。

で、先に戻るが”物心両面の…”にあたる

心の豊かさづくりが必要と思えてならないのです。

日之出屋に限らず、パートさんが主体のスーパーは多いですが、

そのパートさんは仕事を終えれば、どなたかの妻であったり、

お子さんがいらっしゃれば、おかあさんに変わります。

そのパートさんから

「日之出屋で働くようになってから、主人とふたりの時間ができたわ」とか

うれしそうにお話してるのを聞くと、うれしいてしゃあないんです。

もちろん、お客様からのお褒めの言葉ほどうれしいものはないですが、

この従業員さんからの言葉もまた格別なのです。

「シフト制にしたら…」って考えもあるかと思いますが、

我々みたいな零細企業がそれほど人を抱えられないのが現状です。

なので、思い切って「休みに…」ってのが背景にあります。

この休日の考え方は、先代からずっと続いてることで

それはそれで素晴らしいことやと思いますし、

まあ、ダメなスーパーマーケットかもしれませんが、

日本にひとつやふたつあってもおかしくはないのでは…と思います。

同業者の方からも

「いやいや…、営業せなアカンで…、甘いわ!」なんて言われ、

確かに…ってことも考えたりするのですが、

どうしても結局は元さやに納まってしまいます。

なかなか人の考え方ってのは変わらない…のです。

たくさんのお叱りを受けることは覚悟しております。

営業日は、もちろん、それはもう、お客様に喜んでいただけるよう

必死のパッチで頑張らせていただきますので

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2011/08/02

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

これまでのコメント

  1. tomoko :

    家族を大事にするその姿勢万歳!(((o(*゚▽゚*)o)))

    TwitterにHPのアドレス添付したらどうですか?
    若しくは、ブログ更新した時だけ添付するとかo(^▽^)o
    転職して、常にパソコン前に居ないので、
    Twitterから直接カイチョーブログにいけると便利だなーと思って。

    カイチョーブログの愛読者としての、つぶやきでした☆

    お仕事がんばって~。

  2. toshio :

    ブログをエントリーしたら自動的にtwitterでつぶやいてくれる
    Webサービスがありますよ。
    いくつか同じようなサービスがあるのですが
    FeedTweetというのが日本語で分かりやすそうです。
    http://feedtweet.am6.jp/
    これを設定しておけばtwitterからもカイチョーのブログが
    更新されたことが分かります。

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン