7人の敵。

「男は敷居をまたげば7人の敵がいる」

社会人になって間もない頃、親父にそんなことを言われ、

ただ先輩方と飲みにいくだけなのに

「おいっ!最低でも7万は持っていけよ!」といくらか手渡された。

えっ、7人も?である。

ちょっと怖いやん、気持ち多いし…

っていうか、1人1万円でどない戦うん?である。

で、そんな大金を握り締め、呑みにいくことなんてなかったので

行き交うすべての人々が私の7万を狙ってるかのように思え、

「7人どころやあれへんで…」と酔うに酔えなかった記憶がある。

まあ、それぐらいの敵は男にはおる!って例えなんだけど、

先日、なんていうか、敵とかじゃないんだけど、そんなことを思い出した。

それは、そこそこ高級なお店でご飯を食べる機会があって

気持ち緊張しながら舌鼓を打ちに打ちまくってる最中のことだ。

隣の席から「ピピピ…」と携帯電話が鳴る音が聞こえてくる。

なんとなしに聞こえてくる会話から、たぶん…

超一流会社のお偉いさんであろう方が

我々に気を使ってか口を押さえながら電話に出たのだ。

「YES…、YES…、REALLY?…NANTYARA KANTYARA…」と。

えっ?イングリッシュ?ここ日本やねんけど?である。

めっちゃ格好ええ~!何千万円ってお金が動いたんちゃうん?である。

世界を股に掛ける企業は、やっぱりちゃうな~…なんて思ったとき、

私の携帯電話が鳴り出したので、同じように出た。

「お~、まいどっす!んっ?いや、えっと…きゅうり…?20円…」

いやね、金額の大小なんて関係ないんだけど、声が小さくなっちゃって…

まあ、これはこれで大事なことなんだけど、

なんちゅうのかな、堺を股に掛ける私としては

負けん気が出てきてまうって話だ。

「すんませ~ん、この8千円のワインください!」と注文。

そのとき、ハッと思い出したのだ。

親父よ、ほんまや!である。

1人1万円ほどいるわ!である。

2011/11/15

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン