手前米。

お米は基本うまい、日本のは。

なので、妻に「あそこのやないとアカンで!」なんてことは言ったことはない。

妻の好みとお財布事情に任せていたわけだが、

妻からの一本の電話から少し考え方が変わった。

「今日、何時ごろ帰ってくる?」との電話。

仕事中はもちろん、夜中まで…、いや、朝まででもいくら飲み歩こうが

まあ、そんなしょうもない電話もメールもしない彼女なのに、いったい?である。

なんや?なんや?逆に怖え~よ!だ。

「な、なんや?どないしたん?」

「いや、お米が美味しいから”炊き立て”食べさしたろ思て…」と。

なんじゃそれ!である。

10年以上もの間、「いつ帰ってくる?」って聞いたことない人間がやで、

初めて聞く理由が「米、旨いから」って…、農林水産大臣か!である。

まあ、でも、大臣がそこまでいうんなら…と慌てて帰宅。

夜中11時、この時間に「米、旨っ!」つったのは関西で私ぐらいであろう。

その米というのが、手前味噌…、いや、手前米で申し訳ないが、これ。

111117_230201

うちのオリジナルブレンド米。

これは、お取引先の米問屋さんが開発してくれたもので

その問屋さんも「魚沼の上いくんちゃいますか!」との自信作。

「あのね、話題のつや姫を50%以上ブレンドしててね、それでね…」

なんてず~~~~と話し続けるほど想いの注入された米だ。

確かに、旨い!

そら、まあ、電話もしてまうか!と納得できる。

価格もお買い得ですので、皆さんも是非!である。

まあ、しかし、日本人はやっぱりお米やね…だ。

毎日食べてもず~っと夏っちゅうか、飽きがこないっちゅうか、

上手に締めようとするのも、日本人でよかった!とつくづく思う所以である。

もうね、どれぐらい日本人でよかったかというと、これぐらい。

__2

フェイスブックの顔写真のために玄関先で面かぶるぐらい…。

2011/11/17

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン