キリン。

寝ぼけ眼の早朝5時30分。

歯を磨いていると、なにやら左斜め下に人の気配が…。

目をやると、そこには長男がボサッとつっ立っている。

「おわっ!!ビックリするやんけ!何してんねん!トイレか?あっちやぞ」

「あ~…ははは、おとうさん、おはよう!」

「おぅ…、おはよう…。なんや?」

「俺、2年やで」

同じ寝ぼけ眼の顔をしつつ、どこか誇らしげな顔つきの彼。

そういえば、進級してから顔を合わせてなかったので、

私が知らないとでも思っているのか、わざわざ報告したかったのだろう。

「えっ?あ~…、お~…、おめでとう!よかったな~。1年生クリアやな」

「あ~、ありがとう。2組やねん」

いや…、悪いけど、2組はどうでもええわ…。

「お~…、あれやな、よかったやん。一番ええやん。1組とか3組とかより

なんちゅうの、2組やったらええのにな~…って思っててん。そうか、2組か…」

「えっ?おとうさん、何組やったん?2年のとき」

「え~…、何組やったかな…。え~っと、あっ、1組や」

「なんじゃそれ!2組とちゃうんかい!」

あの~…、ごめん…、朝の早よから小2の話はちょっとしんどいな~

もう、仕事に行ってええかな?である。

「しかし、あれやな。今度、お祝いせなアカンな~。何食いたい?」

「う~ん…、ラーメンとかがええな~」

えっ?ラーメン?あっ、そういえば、それってどんな味すんねん?って

買っておいたラーメンが戸棚になるのを思い出した。

120412_202901

「ほんなら、これ、食べよか?キリンラーメン」

「えっ?キリン…?ほんまや!キリンや!えっ、何味なん?」

「んなもん、キリンの味に決まっとるがな、キリン味や」

「えっ?キリンって食べれるん?」

「ライオンとかバクッていきよるやろ。2年にもなって知らんのか?」

「そんなん、知らんわ!」

ははは…、キリンの味がする…わけ…な…い、アカン!遅れてまう!である。

朝からキリンキリンいうて、笑てる場合やないわ!仕事や、仕事!だ。

まあ、この春で長男も次男も、またひとつ大きくなったことをうれしく思う。

はよ、もっと大きなれよ!首を長くして待ってまっせ~。

2012/04/12

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

これまでのコメント

  1. らかんのおかん :

    キリン味(笑)の感想、楽しみにしちょります!

  2. yumica :

    もぉ~朝からノリすぎっ(笑)
    彼ももう小2か。おめでとう!
    あかん、歳を感じてまう・・

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン