商人(あきびと)。

うちの次男なんだけど、笑われるってのを異常に嫌う。

子供の言動ってのは、大人の常識というか価値観を簡単に超えてくるので

そこに面白さが生まれ、思わず笑ってしまったりするのだが、

バカにされてるように感じるのだろうか、

我々の笑い声とかに「うるさい!」と怒ってくるのだ。

まあ、彼の勘違いなので、いずれ理解してくれるだろう。

しかし、その彼の「笑われる」に対しての姿勢には、

日本男児の心意気が垣間見えて、

武士道を貫きたい私としては誇らしく思う。

「恥は死より忌むべきもの」とあるように、笑われるぐらいなら…ってやつ。

岩崎弥太郎さんも借金の証文に、切腹するとかではなく、

「証文に違えたら、皆の前で笑ってくれ」と書かれたと聞く。

それぐらい嫌なことなのだ、たぶん日本人は。

なのにだ、まあ、理不尽なことが多いこと、多いこと…。

後ろ指差されようが、笑われようが、関係あらへん!みたいなね。

真っ正直にだ、頑張っても、頑張っても、なかなか光が…のこの世の中。

流されがちなんだけどだ、確実に「お天道様」や「世間様」は見てるってもんだ。

もう少しで新しい店を出店させていただいて2年になる。

「損得よりも先に善悪を重んじる」

そんなことを胸に、ご愛顧いただいてる愛すべきおかあさんに感謝しつつ、

天下に恥じない商人であれ!と、次男「あきひと」君に教わった次第である。

いやね、その次男からなんだけどね、長男がそろばんを習ってて

口癖のように「3円なり4円なり7円なり…」なんて言ってるんだけど、

それを真似てね、

「おとうさん、答えてや~。いくで~、一千万なり一千万なり2円なり…」

と、長男をはるかに凌駕するスケールの足し算問題が出題されるのだ。

いや、次男よ、「10円何個?」とか言ってる割には、規模がでかすぎる。

なかなかの商人とお見受けするが、まずは1円2円からスタートしてくれ。

笑けてくるから…。

2012/07/03

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン