ビリケンさん。

最近、ホント仕事以外で外に出ることが多い。

まあ、勉強せなアカン時なんやろな…と必然と捉え、もまれている次第だ。

で、あるセミナーの中で「何のために利益を出してるんですか?」

なんていう素朴で試されてる感たっぷりの質問を受けた。

おおっと…である。

そこには即答できなかった情けない自分がいた。

それなりにはあったんだけど、なんか俗っぽくて発言できなかった。

また、同時期に妻も「どんな子に育てたいのですか?」

なんていうこれまた難しい問いに即答できず、頭を抱えていた。

お互いに様々な本や先輩からの助言なんかで情報は得てるんだけど、

なんかイマイチ自分のもんになってないというか…って感じだと思う。

間違えてるかも…みたいな不安なんかもあったり、

いろんなもんが交錯して「こうや!」と完璧な答えを持ってないんだろう。

企業は永続して価値がある。

人を育て続け、お客様を喜ばせ続け、地域に貢献し続けてこそ…

いやいや…、なんかね…、私が言っても重みがねえよ…、ウソっぽい…。

親父からまだバトンを受けていない今だからこそ、

もうちょいがむしゃらに仕事せなアカンし、

もうちょいしっかりと勉強せなアカンわ…である。

そんなことが頭の片隅から離れない朝一番にスタッフが私を呼ぶ。

「西村のおばあちゃんからの伝言なんですけどね…」と。

「ちょっと前に”久しぶりに会うたからええことあるわ!”って言われました?」

「えっ?おー、おー!”いや!にいちゃん、ひさしぶりやん”っちゅうて飛んできたわ。

ほんで、”わし、ビリケンか!”ってぐらい触りまくられたで。で、どないしたん?」

「ほんまにええことあったんですって…。絶対、言うといてや!言われましたから…」

「俺、ほんまもんのビリケンやん…」

まあ、なんちゅうの、とりあえず、ややこしいこと考えんと

そんな愛すべきおかあさん方のために頑張らなアカンわ…である。

2012/09/05

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

これまでのコメント

  1. 佐藤香世子 :

    会長らしいわ!それでいいよ。
    家族はみな健康が一番やね。
    大阪のおかあちゃん、いいですね。
    元気になりますわ。ビリケン伝説つくらなきゃね♪( ´θ`)ノ

  2. 和太郎 :

    突然の質問って答えにくいわなー
    そやけど企業人は何時も理念を持つことは必要やと思うで・・・
    生意気やけど「何のために」という目的意識は必要でっせ
                  
                      企業人卒業生の反省の弁

  3. カイチョー。 :

    佐藤さん、お久しぶりっす。
    まだまだ修行が足りてませんねん。師匠ぐらいバシっとモノ言えるように気合入れまっさ。
    和太郎さん、さいですねん。
    目的意識を持ってるつもりで、つもりだけのペラペラのもんしか持ってませんでした。
    しかし、和太郎さんクラスだと言葉が重くなりますね。ふんどし締め直します!

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン