言葉の力。

先日、本店へ行った際、久しぶりにある愛すべきおかあさんとお話した。

「いや~、にいちゃん。なんや、いっこもこっちに顔出さんと。アカンで!」

「すんません・・・。なかなか・・・」

「もう、ええ!あんたの顔なんか見たないわ!」

本店と堺駅南口店ってのはそんなに離れてないんだけど、

もうね、名古屋~大阪ってぐらいの遠距離恋愛を2年ほど続けてて

久しぶりにデートを誘ったんだけど、急な残業でドタキャンしたカップルか!である。

で、次の日、本店のスタッフから報告があった。

「おかあさんになんか言われた?えらい気にしとったで。謝っといて!って」

「んっ?あ~!あんたの顔なんか見たないわ!ってやつかな?」

「本人、何にも気にしてないと思うで!とは言うたけど。言いすぎたわ~って」

「わはは・・・」である。

もうね、この遠距離恋愛、あと2年続いたら

妻には悪いけど、「一緒になろか?」って言おうかな・・・だ。

いやね、確かに”言葉の力”ってのはえげつない力を持っている。

何気ない一言で、すげー落ち込んだり、すげーうれしかったり。

私は生まれが堺だからかなのか、言葉がわりと汚い。

息子たちが気持ちええぐらい真似しよるもんやから、気を付けないと・・・なのだ。

優しい言葉を使うということは、意識が優しくなり、表情までも優しくなる。

実際に、今、ニヤ~ってしてるってぐらい。

で、これは、メールやブログなんかの活字は細心の注意が必要である。

情報がそれしかないので、もろに伝わってくる、ガツンとね。

ただ、面と向かって話をするって場合は、

言葉の意味なんかそれほど重要じゃなくって、

顔の表情や声のトーンなんかの方が気持ちは伝わるってもんだ。

なので、おかあさん。

おかあさんの表情見てたら、そんなもん、本気で聞こえまっかいな!

「あんたの顔見たない」って、もう、そんなツンデレいりまへん!である。

いや~、しかし、愛すべきやわ~である。

そんなホワ~ってなってるところへ携帯電話が鳴る。

「おとうしゃん、バジャーのポスター貼るのん忘れんといてや。

おかあしゃんが、ちになってるねん!」と次男の声。

いや・・・、バジャーやなくてバザー、ちになってやなくて気になって、やで。

まあ、言葉の意味なんてどうでもええ!おまえの声よ・・・、たまらんわ!である。

2012/10/05

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン