参観日。

子供たちがかわいくてかわいくて

もうね、「食べたろかな・・・」ってぐらいかわいくて仕方がないんだけど、

なんやろう、参観日たるものにあまり参加したことがない。

なんかね、偏見かも・・・、つうか、偏見なんだけど、

「男親は別にええんちゃうん・・・」みたいな感覚が少なからずある。

自分の親がそうだったからなのか、こればっかりは、なぜか別腹だ。

で、先日、次男の幼稚園の祝日参観があることを知った。

振り返ると、長男の場合、彼は感情を表に出すタイプだからと

「行かれへんのに、行くってウソだけはやめて!かわいそうやから・・・」

なんて妻から耳にタコができるぐらい言われていた。

学習した私は、参観日当日、次男に「行けたら行くわな!」と声をかける。

すると、次男は妻の所へ歩み寄り、

「無理やって。言わんでええよ。仕事で来られへんから・・・」とささやくのが聞こえる。

切ねぇぇ・・・、心が痛てぇぇよ・・・である。

長男なら「絶対やで!絶対、来てや!」と吠えまくるのに対し、

感情を押し殺すタイプの次男は、私に気をつか・・・って・・・、く~!だ。

よっしゃあ!次男よ、待っとれよ!!なんて、仕事もそこそこに幼稚園へダッシュ。

期待もしてないのだろうか、振り返って探そうともしない次男がそこに座っている。

心の中では「おいっ!おいっ!!来たぞ!!」って念ずるも届くはずはない・・・。

楽器を使ってお歌を歌う授業がスタートした。

♫わたしゃあ、音楽家 山の小鳥~・・・って、彼は2番を担当することが決まる。

もうね、こっちはね、心の中で「小鳥、頑張れ~!」なのね。

で、先生のところへ楽器の鈴を取りに行き、振り返って私を見つけた瞬間だ。

261

さっきまで小鳥つってたのに、鳩なのね、豆鉄砲をくらったね。

えっ?そんなに・・・、ねえ?そんなにビックリする・・・である。

少しはにかんだ王子は、その後、2度と私と目を合わすことがなかった。

照れくさいからか何なのかわからないが、私は私で、その日一日、

♫シャシャシャンシャンシャン・・・、いか~がです?が頭の中で鳴りやまなかった。

もっというと、♫シャシャんところは、素早くやし、まあまあ難しいな・・・とか考えてた。

仕事が終わり、夕食時に妻に聞いてみた。

「あいつ、なんか言ってた?」

「ビックリしたな~・・・ばっかり言うてたわ」と。

そら、そやろ。あの顔はビックリせんとでけへんわ!である。

次男よ、子供らしくもっと喜んでくれてもええんやで!

まあ、とにかく、参加するようにするわな。

ゴメンやで・・・。

2013/02/14

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

これまでのコメント

  1. yumica :

    く~~、かわいすぎて、せつねぇ~~。
    ほんま、行けてよかった!
    王子の心にのこるよ~(*^^*)

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン