斉藤さん。

携帯電話の充電がほとんどない。

すぐに電話しなきゃいけなかったので、慌ててアドレスの番号を確認し、

固定電話の受話器をあげ、番号を押した。

相手が出なかったので受話器を置くんだけど、

すぐさまその番号から電話がなる。

「お~、まいど、まいど!!いやな、携帯電話の充電がやな、

いっこも根性あれへんねん。

もうアカン、もうアカンってなってるからやな、固定電話で・・・」

「ちょちょちょっ・・・」

「なんやねん!!ちょちょちょっ・・・ってええから!で、発注やねんけど・・・」

「あの~、すいません。私、斉藤ですが・・・」

聞き覚えのない声に、全く準備できてない名字。

「あれっ?〇〇さんじゃあ・・・」

「いえ、違います。斉藤です」

もうね、ほんと、申し訳ない・・・。

私が悪いのに、「すいません・・・」って、ほんと、いい人、斉藤さんって。

いや~、なんちゅうのかな、このせっかちは直さなアカン・・・。

昨日も、配達先でB1があるマンションへ行き、帰る際「1」を押すつもりが

何も見ずに一番下が「1」だと思いこんじゃってるから

「B1」を押してしまい、1階でエレベーターを待ってる方がいらっしゃって

「あっ、すいません。慌ててB1押しちゃって、下へ行っちゃいます・・・テヘヘ」

ってなやりとりをやったばっかり・・・。

そう、私の自宅もマンションの最上階なんで

一番上が私の階だと思い込んで、よく「電話のマーク」を押しちゃって

「どうかされましたか?」「いえ、間違いです、すいません・・・テヘヘ」

ってなやりとりをビー!ビー!ビー!ってうるさいなか、やってしまうし・・・。

家族で外に出かけようとして「おいっ、行くぞ!」って玄関に立った時に

3人のジャリが「靴下どこ~?」なんて妻の後ろをウロウロしてると

妻も含めて全員張り倒したろか!ってイライラがハンパやないし・・・。

お好み焼きなんかも待ち切れず、チラチラって見てまうし・・・。

どないしたら、治るんやろか?

ガサツなとこも含め、意識して治してまいります。

改めまして 斉藤さん ごめんなさい。

2013/07/09

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン