金メダル。

ニュースでは「オリンピック」の話題で賑わってるだろうから

疲れた身体に感動を注入せな・・・なんて、夜遅くビール片手にテレビの前へ。

その日は、ボブスレーの競技が行われていた。

え~っとね・・・、なんやろう、ズブの素人だからね、全然わかんなくて

最初のダッシュ?カーブんとこ?う~ん、見せ場をね、見損ねてるのね、たぶん・・・。

で、まあ、「うおりゃああ・・・」つって走ってって、

サッとボブスレーに乗ったりする練習をエグいぐらいしたんやろな・・・なんてブツブツ。

でね、練習といえば、体育会系のクラブで引っ張ったり押したりと

大活躍する大きなタイヤを連想される方がたくさんいらっしゃると思うんだけど、

もしもね、そのタイヤの消耗具合を競う種目があれば、

金メダルやで!っていう愛すべきおかあさんのことを思いだした。

「にいちゃん、ごめんやけど、腰痛いから家まで送ってえな・・・」

おかあさん方のマストアイテム「手押し車」を押しながら、こうおっしゃられる。

なんでも手押し車の調子がず~っと悪いもんだから

グッ、グッ、っと力まかせに押してきて、ついに腰をいわしてしもうたらしい。

「えっ?コマの調子が悪いん?どれど・・・れ・・・って、ロックされてるやん!!」

良かれと思って完備されているストッパーがアダとなったわけだ。

タイヤが回らない状態で、どれぐらいグッグッって押し続けたかっていうと

タイヤの形が「蒲鉾の断面」ぐらいになるまで・・・。

つまり、毎日、筋トレしながら来店されてたわけで、もうね、なんか感動。

真央ちゃんがトリプルアクセル決めたぐらいの感動である。

そんななるまで・・・、そこまでして・・・・、うちの店に来店って・・・

く~・・・、金メダルやわ!って気持ちだ。

家までお送りして、別れ際に「にいちゃん、おおきにな!」なんて言葉を残し、

手押し車をガッコン・・・ガッコン・・・しながら帰られる後ろ姿を見て、

関西サイクルスポーツセンターにそんな自転車あったな・・・って思うと同時に

どうか手押し車を販売されている方は、独り住まいのおかあさんなんかへは

特に注意して、ストッパーの存在をしつこいぐらいに説明していただきたい!

ってなことを、心の底から思った。

おかあさん、メダルを超えた感動をありがとうございます。

っていうか、なんでも聞いてや・・・、すぐに。

感動もそやけど、なんか辛いわ・・・。

2014/02/22

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン