桜や!

何でも知ってるようで、実は何にも知らないもんである。

ほんと、知った気になっているのが得意な日本人、まあ、私も含めね。

だってね、こうやってブログを綴っているが、「パソコン」って言葉は知ってるものの

「パーソナルコンピューター」について本質的なことは、

まあ、ビックリするほどなんのこっちゃさっぱり・・・。

この中身、どないなってんねん?なんや、ネットって?って感じだ。

なので、人の話を聞く時とか話す時ってのは謙虚に・・・、素直に・・・

なんてのを注意しておかないと、「何をイキってんねん!」ってなってしまう。

専門的な言葉なんかは特に注意が必要だと常々思っている。

いやね、なぜこんなことを綴っているかというと、まあ、

春夏アイテムの商談がよくあるんだけど、ある言葉が気になってしゃあない。

「GRP」って言葉。

マーケティング用語らしくって、まあ、コマーシャルを投入する単位っつうか

視聴率×広告を打つ回数で・・・、う~ん、私にはチンプンカンプンなんだけど

とにかく、いや、そないにギュッと縮めんでも・・・のややこしい言葉である。

それをね、いとも簡単に「人気の〇〇を起用して、3000GRPの・・・」とか言うの。

何が?GRPでしょ?知らないの?ってな顔でね。

え~っとね、TV業界の方が言うのなら、まあね、すんなり聞けると思う。

メーカーさんも、かなりの説明を受けているので、まあ、全然良しとしよう。

で、我々に説明する問屋さんのちゃんと勉強されたベテランさんなら、OKだ。

しかしだ、先輩が使ってるのを聞いて「おっ、格好ええな・・・」なんて

ほとんど意味もわからず使う若手に関しては、「コラッ!イキるな!」ってなるのね。

なにっ?RPGかGDPか知らんけど、ちゃんとわかってんのか!ってなる。

もうね、最近、横文字が多すぎて、覚えるのが追いつかないほどの量で

こっちはてんぱってるもんだから、「もうええ!もうええ!そのGRPは!」ってなるのね。

まあ、あれだ、謙虚に学ぶ姿勢を心掛け、

ちょっと知ってるからってイキらないようにホント注意しなければならない。

息子よ、おまえもやぞ!

理科で「おしべ」や「めしべ」ってのを勉強してるよな、真っ最中やな。

先日、公園で「おっ、綺麗な梅やな・・・」

なんて”花のことはまかしとけ!”ってな感じでイキッて言うてたけど、

あれ、桜やぞ。

こっちが恥ずかしいわ・・・。

2014/03/17

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン