どう、元気?

ちょっと、しみじみ思うんだけど、やっぱ友達ってのはええ!である。

ワインとかといっしょで、古ければ古いほど旨いっつうか、味があるっつうか、ねっ。

もうね、こんなことは2000年とかぐらいいっちゃうほどスゲー前から

かの有名な孔子さんなんかもね、まあ、私は行った方なんだけど…、

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」なんて言葉を残してくれてるように

「なんでやねん、誰が子牛や!孔子やっちゅうねん!モウモウ言うてるか!わはは…」

とか、友達と話しながら老酒飲んで酔っ払ってたぐらいだし、たぶん。

いやね、先日、20数年ぶりに会う友達とかも居て、ハンパなく癒された。

これといった話なんか特にしてないんだけど、

飽きもせず何回も何回も何回も同じ話ばっかりなんだけど、

もっといえば、「お~!」に対して「お~!」ぐらいしか言ってないんだけど、

若干髪の毛とかお腹とか匂いとか変化はあるものの、本質は全然変わってなくて

そんな友達と同じ空間に居るってことだけでお酒とか美味しいし、スゲー楽しいのね。

で、まあ、40歳とかにもなると、そりゃね、悩みとか問題とか普通に抱えちゃってて

頑張っても頑張ってもなかなかうまくいかない時だってね、誰だってあるわけ。

そんな時にね、友達から「どう、元気?」ってね、

「どう、元気?」よ、「どう、元気?」!

何でもないベタな挨拶言葉なんだけど、

ほわっ…てなったり、よっしゃあ!ってなったり、ズシッってくるっつうか、

うまく表現はできないが、とにかく元気もらえるし、力に変わる。

数年前、ホント、友達や仲間からの「どう、元気?」に救われた者としてはね、

冒頭に戻るんだけど、やっぱ友達ってのはええわ!である。

家に帰ると、「どうやった?」なんて妻が聞いてくる。

「お~、楽しかったわ」

「よかったな。えらいご機嫌やん」

「せやろ…、あっ、ほんでな、歌がうまくなったって!!」

「わはは…、なんでやねん!どこがやねん!」

「いや…まあ、そうやねんけど、なんか、うまくなったって…あれっ…」

「よかったな~、ええ友達ばっかりで。大事にしいや」

いや、なんかさ、”うそつけ!”みたいな顔してほくそ笑んでさ、

おまえが知らんだけで、ほんまはうまいかもしれんやん…

やっぱ友達の方がええわ…である。

2014/11/10

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン