イメージ。

いや~…、随分とブログをお休みさせていただいた。

いやね、7月末に「フードステージ日之出屋」が5周年を迎えるにあたり、

我々が何もなかったところにお店を構えさせていただいたことも含め、

5年前と比較すると、この地域もえらい変わったな…と言わざるをえない。

っつうことは、5年先、またさらに様子が変わるであろう…なんてことを考えると、

ブログを綴ることも忘れ、いろんな構想を頭のなかでイメージし、

それを具現化することに尽力していた…まあぁぁぁ、そんなところである。

そのおかげをもちまして、私の頭の中には、

「10年後の日之出屋」は色まで塗って鮮明に描けてきた、たぶん。

で、イメージなんだけど、もっと想像豊かにならないと…と思えてならない。

息子たちにもよく言うわけだ、もっとイメージしろ!なんて、えらそうに。

例えば、算数の問題とかで「3リットルの水を…」の文章問題で

「おまえ、3リットルの水ってどれくらいかイメージできてる?」って話。

数字をあっちゃこっちゃしたらええねん!って考えでは、

大きなった時、苦労するで!そんなことじゃあ…である。

仕事においても、ひとつの商品の価格のなかには

このお店に着くまでにどんな過程があったのかイメージできない限り

価格の交渉をする資格なんてない!と断言できる。

その点、愛すべきおかあさん方の想像力は凄まじい。

配達にお伺いすると…

「にいちゃん、アレもコレもいろいろせなアカンのに、あっ、お昼ご飯もまだやろ…

車走らせて、こんなちょっとを配達してもろて…」なんて機関銃のようにお話し、

「暑いのにご苦労さん」つって、冷たい缶コーヒーを差し出してくれたりする。

そう、イメージするということは、相手を想うことかもしれない。

それは、お客様であったり、お取引様であったり、もっというと、地域のこととか…。

う~ん、そういえば、うちのアルバイトの子の想像力もまだまだ…。

今日も「お客様が、肩こりの粉ありますか?って言われてるんですけど…」と。

いやね、んなもん、あるかい!である。

なにか、肩に粉ふって「あ~、ええわ~」って、もう、ヤバい粉やん!だ。

間違えてはんねん!ちょっとだけ間違えてはるだけやねん!

「いや、なんでやねん!片栗粉のことや。そのまんま聞いてどうすんねん!」

「私も聞き直したんですけど、なんか違うって…」

「やんわりいかんかい!引っ込み効かんかもしれんやろ…」である。

改めまして、もうすぐ、5周年を迎えさせていただく。

日頃のご愛顧に感謝を込め倒して

愛すべきおかあさん方がもっともっと喜んでいただけるように

めっちゃめちゃイメージして頑張らせもらいます!

ブログもしっかり綴ります…、すんません…。

2015/07/06

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン