海なんだから。

夏休みをいただいたので子供たちを連れ、いざ日本海へ。

暑いから家でゲーム…、どっちかっつうとプールの方が…なんてのは嫌で

「夏いうたら海やろ!」そんな夏男へ育って欲しい…と切に想う。

で、まあ、疲れを知らない彼らとキャッキャッいうてんのは2時間が限度で

「アカン…、ちょっと休憩…」なんてスポーツドリンク片手に浜辺で監視に集中する。

「あんま沖行くなよ!」大きめな声をかけながら、微笑ましく見守る。

「お~い、おとうさ~ん!」彼らの声に手を振るんだ…けど…、あれ…、男の習性か…

彼らを監視しつつ、チラッチラッと女の子だけの組をチェックしている自分にビックリする。

しかもだ、なんや?今の水着は!である。

妻に駆け寄り、「お、おいっ、あれ、後ろとかどないなってんねん?間違えてへんのか?」

興味津津の私へ向けられた目は、もうね、おとついの生ゴミとかと同じレベルだし、

「知らんわ!」って発せられた言葉は、どっちかっつうと日本語の意味を持たなくて

翻訳すると「ほんまカスやな、あんた」としか理解できない…。

いや、まあ、そうかもしれんけど、ち、ちがうねん!その言葉は私へではなく、

男の子だけで来てる組に向けられてもええんちゃうんか!と声を大にして言いたい。

ナンパとかせえよ!である。

右を向くと、サッカーのリフティングして「お~…」とか言ってる男の子たち。

なにしに来てんねん!そんなん、家でせえ、家で!ここは海や!!!である。

左を向くと、「やめろ、やめろ!」なんてプロレスじみたことをずっとしてる男の子たち。

いや、長い、長い!もうええ!いろんな意味でプロレス、終わりや!

「わはは!」って盛り上がった感じでおるけど、乾いた笑い声が嘘っぽいねん。

チラチラ女の子気にしてるやん。はよ行かんかい!である。

なんちゅうの、声をかけないってのは女の子に失礼と思えてならないのだ。

2人がボートにまたがり、一人がひっくり返して「キャー!もう…」っていう

顔は絶対海水につけへん感じでキャッキャッいうくだり。

何回さすねん!だ。

3人の女の子はそんなことしに来たんと絶対ちゃうねんから

5回も6回もさすな!である。

早い段階でなんか言うたって!キャー言うのん、しんどなってきてるやん!

いやね、断っておくが、ナンパを奨励しているわけではない。

「女子だけの方が楽しい」って思ってる女の子も多いと聞くし、

「うざっ」とか「はあ?」って言われることがほとんどなんだけど、

なかにはそうじゃないグループも間違いなくいるんだから

その子達のことを考えると、男なら声をかけなきゃいけないのでは…である。

だって、そこは海なんだから…。

仕事でも当てはまったりするけど、1勝9敗が世の常である。

私も含め世の男性諸君、頑張ろうぜ!である。

長男あたり、来年から練習さそ。

妻よ、練習やから私に任せていただきたい。

2015/08/17

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン