ネーミング。

ちょっとギックったりしてて更新が遅れ気味なんだけど…、

あっ、ぎっくり腰ね、やっちゃって、え~っと痛感した!ネーミングは大事ってこと。

いやね、ギックリ!ってした訳じゃないのに、「ギックリ腰」っつうだけで

「はい、はい、あれね!あの動けないやつね…」なんて

誰もが共通の認識を持つの、まあ、なったことある人限定だけど。

そう、ガックリ腰でもビックリ腰でも伝わんなくて、

「ギックリ腰」でないとダメなわけだ。

でね、最近になって初めて知ったんだけど、「アボガド」ってあるじゃないですか。

別名「森のバター」なんてカッコいい感じで有名だったりするんだけど、

いやね、ギネスで認定されてるらしいの、「世界一栄養価の高い果物」つって…。

「へえぇぇぇ…、そうなんや…」って感心すると同時にだ、

「アボガド」とか「森のバター」とかっていうネーミングよりも

もうね、「世界一栄養価の高い緑色したアレ」とかの方がええやん!ってなった。

ただ情報を名前にしただけでひねりがないから採用されないんだけど、

今まで私自身が知らなかったもんだから、

今さら「アボガドって、世界で…」っていちいち説明するより

いっそのこと名前を変えちゃったら…って思ったのが背景にある。

う~ん、「ネーミング」の善し悪しで、お客様が手に取る回数は違うやろな…

そんな仕事のことが頭から離れてない感じのまま、

先日、久しぶりに家族とほんわかする時間が訪れた。

ここからが本題。

せっかくほんわかする時間のはずが、ゲームばかり夢中になってるので

「これではイカン!」なんて原始的な遊びを提供しようと開発したのだ。

e382a2e38383e382b7e383bc08

その名も「アッシー君」。

いやね、コミカルな感じで動かすと、それはもう、大喜びの三男坊。

ただね、「タタタタッ…」って早歩きで迫ると、

さすがに「もう、怖い!怖い!!」って嫌がるので注意が必要だ。

で、三男坊の記憶に残すために「名前」をつけなきゃって思うも、

早々と「アッシーで~す!」なんて、”指が足だから”と安直に決めちゃって

「はあぁぁ…、ちゃんと考えればよかった…」と後悔の念にかられている。

だって、まだ、彼の口から「アッシー君」と呼ばれていない…。

ホント、ネーミングは大事である。

2016/02/22

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン