ま、でも、おっしゃあ!

準備8割。

物事が成功するかどうかなんてほぼ準備で決まる!ってのは有名で、

スポーツ選手なんかもよくインタビューで言っている。。

「最高の準備をするだけです!」

意識の高いイチロー選手や本田選手がそれにあたるであろう。

言い訳する気なんてまるで無いのね、ま、だから一流なんだけど…。

私クラスの三流は、最高の準備をしたもんなら「ま、負けられへんやん…」って

力んでしまい、身体がガッチガチになってしまうのが関の山。

逆にね、言い訳がましいことがあればあるほど、強くなるってもんだ。

小学生の頃、岡山県にて泊まりで剣道の試合があったときのこと。

朝食へ向かうエレベーターのなか、落ち着きのない私はドアに指をはさんでしまい、

右手が竹刀を握れないほど真紫になって、はれ上がった。

先生は、負けた瞬間に思いっきり叱りますね!ってオカンに宣言してたそうだ。

こっちはこっちで「最高の言い訳」ができたと気楽に試合を運び、まさかの優勝。

「お、おまえ、んぐ、お、お、おめで…とう…ぐうぅぅ…」と先生。

ぐうの音も出ないという言葉を覚えたのは、ちょうどこの時だったように思う。

と、こんな感じで、結構、逆境に置かれた方がいつもの力を発揮できる気がする。

で、先日、一年に一度の剣道の試合へ参加させていただいた。

試合前に仕事が入ってギリギリの開会式、普段の仕事の疲労がたまりにたまり、

稽古も月に2度あるかないか…、これで、前日に3時まで飲んでたら完璧だったんだけど

うん、悪くない、なかなかのコンディションである。

昨年までは「おっしゃあ!絶対、優勝したんねん!」なんて鼻息荒かったが、

今回は「そら、負けてもしゃあないで~、わはは」とかいって超自然体。

無の境地といえよう。

すると、どうだ…。

ほらね、ほら、4度目の正直で初入賞の3位。

でね、思った。

優勝ってのが見えたんだけど、やっぱね、

一流になるには「最高の準備」が間違いないのはわかった。

稽古もせんと、1日に5回も6回も試合できるかい!ってもんだ…。

何をするにも絶対的に準備が必要である。

追記

準決の相手だったのが、小学校の頃、同じ道場で稽古してた1コ下の後輩。

試合前に「岩橋さんですよね?声でわかりましたわ」って話かけてきたんだけど、

「うそつけ!ワシ、小学校の時、どんな声やねん!」なんてめっちゃ嬉しいのね。

30年ぶりの試合…、今は亡き恩師が見たら、喜んでくれたやろな…と感慨深い。

普段しないくせに、試合前に神前に拝礼したのは、

恩師の顔が浮かんで仕方なかったからだ。

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン