南海堺駅前〜ムシとボクと、時々、オバケ〜

朝、会社へ向かう車のなかへブーンッと蜂が入ってきた。

もうね、一目散で車から飛び出し、窓からシュッシュッと手を入れたり出したり

「うぅぅ…わっ!うぅぅ…わ!」とか言って、一生懸命、蜂を外に出そうとするボク。

ヤツに聞こえてるのか知らないけど、フロントガラスとかバンバン叩いてね。

そこへ散歩の愛すべきおかあさん。

「にいちゃん、朝のはよから何してんや?」

「あっ、おはようさん。ちゃうねん、蜂が入ってきてん」

「えっ、蜂?なんや、そんな顔してて怖いんか?情けない…」と。

いやいや…、蜂やで、蜂!普通に怖いやろ!である。

顔とか色とか、もう虫ってカテゴリーを超えとる…そう、虎や、虎、猛虎である。

って、まあ、その、私は、蜂だからというわけではなく、虫全般が無理だ。

ヒアリってのは当然でちょっと大きめのアリでさえも、なんか怖い。

だから、キャンプとか信州でするような合宿とか苦手といえば苦手なのだ。

もちろん、今までそんな機会に参加したんなら参加したで嫌な顔はせず、

いっしょになって「キャンプ最高!」みたいな楽しい顔はしてきたけど、

本当は心で泣いていた…「デカい虫とか、マジで怖え~~!」って。

でだ、朝のおかあさんからの「そんな顔してて…」について。

いやね、日に焼けて黒っぽい顔をしてるので、こんな話をすると

「ギャップがやばい…」なんてバイトの女の子にも言われたばかり。

どうやら、ワイルドでアウトドアめっちゃ好き派に映るようだ。

ごめん、ごめん、全然ダメ。

もっというと、オバケとかもめちゃめちゃ怖い。

暑くなってきて空調が調子悪く、屋上にある機械の点検にいったけど…

こんなとこを通んなきゃいけないのね。

奥の方が真っ暗だし、誰かいそうな感じが半端なくない?だ。

そりゃね、「うぅぅわっ、怖っ!」って大きな声で小走りにもなるし、

考えれば考えるほど出てきそうで最後の方なんて目をつむってたぐらい…。

もしも、大きめの蛾とかが飛んで来たもんなら100%気絶している。

男らしく!ってのを意識して立ち振る舞ってはいるが、

中身はこんなもんである。

よくよく考えれば、今、お店にひとりぼっち…。

アカン、帰ります。

2017/07/10

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン