コロッケ。

本店のある通りは、昔、商店街としてたくさん店が連なっていた。

学校から帰ると「若、おかえり」「ボン、勉強してきたか?」などと

それぞれのお店のおっちゃんおばちゃんがよく声をかけてくれたものだ。

そのお店のひとつに「丸宮精肉店」というお肉屋さんがあった。

こぼした牛乳を拭くような雑巾を見えるとこで干してたらアカンやろ?なんで?

と、ずっと不思議に思ってたのが、センマイというホルモンであることを

父に教えてもらい、「えっ、あれ、食えんの?」と度肝を抜かれたあのお肉屋さんだ。

で、そこのコロッケなんだけど、マジで大好きだった。

普通に「世界一旨い!」と微塵の疑いもなく本気で思ってたくらい…。

土曜日のお昼に学校から帰ると、お店が忙しくってお昼の用意ができない場合

オカンが「丸宮さんでコロッケ買うておいで!」って500円をくれるわけだ。

もうね、「おぉぉぉっしゃあ!」なのね。

ターって走っていくと、「栄くん、コロッケか?」とおばちゃんが笑顔で迎えてくれる。

コロッケやらミンチカツやら注文すると「これも持って帰りな」って

オマケしてくれたりして、

まあ、先に言うてくれたらお釣りがたくさん手に入んのに…なんて思いつつ、

コロッケを振り回しながら喜んで帰ってたのを今でも覚えている。

ただ、そのお肉屋さんはもう随分と前に閉められて今はもうない。

なので、どこのどれだけ有名なコロッケを食べようが

「やっぱ丸宮さんのコロッケが食いたいわ」ってなってしまうのだ。

そこで、思いきっておばちゃんにレシピをお願いした。

「ええよ、ええよ!栄くん、頑張ろな」なんて、はりきって快諾してくれる。

作っては持っていき、作っては持っていき、おばちゃんに食べてもらえば、

おばちゃんも負けずに「栄くん、食べや」って何度も何度も作ってもらって

ようやく販売の許しをいただいた。

ラードで揚げてない分若干落ちるが、ほぼほぼ丸宮さんのコロッケである。

「おばちゃん、皆、美味しい言うてくれてんで」と報告にいくと

「ほんま~。栄くん、良かったな~」の笑顔はあの時のままだ。

そして、いつまでたっても「栄くん」も変わらない…。

いや、おばちゃん、もう、ええおっさんやで!である。

是非ともお試しください。

2017/08/16

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

これまでのコメント

  1. sub会長 :

    はじめまして。
    堺生まれでもう少し南の方で育ちましたが、初めてお店に行きました。
    以前、スーパーで働いていたこともあり、結構色んなスーパーを巡るのが好きなのですが、今日は用事があり出かけた先から、旧外環から帰り、お気に入りの大東の野崎のJさん、東大阪の石切のJさんに寄った帰りにお店に行かせていただきました。
    よくあるこだわりのスーパーというのは、いくつもあると思います。
    しかし、自ら価値を認めて、商品の価値に惚れ込んで商品にするというスーパーはなかなかないと思います。誰にも媚びない、自らの考えで商品化してしまう。まさに、これこそ今のスーパーに足りないものだと思うのです。
    コロッケに対する想いにも凄いと思いましたが、食べてみてびっくりしました!
    ちょうど揚がったばかりのものを駐車場でいただき感動、自宅に帰ってから冷めたものをいただいてもう一度感動。揚げたてでも、冷めてからでもそれぞれに感動できる美味しさがありました。こんなに美味なコロッケがスーパーで過去に出会ったこともありません。
    お店のPOPにあるこだわりの理由というのも凄くいいと思いました。今度お店に行ったときには今日も買おうかずっと迷っていた椎茸入りの海苔の佃煮を購入して来ようと思います。
    こういうこだわりのスーパーをずっと求めていた… ついに見つけた! そんな感覚で嬉しかったので書き込みさせていただきました。

  2. shacho :

    熱いメッセージ本当にありがとうございます。熱すぎて恐縮いたします…。sub会長の期待を裏切らないようにと商品開発への情熱がまた沸々と湧き上がってきた次第です。
    また機会がありましたらお立ち寄りくださいませ!椎茸入りの海苔の佃煮ですが、甘すぎず…なんていうんやろう、ちょうどええ!が自慢の旨さです。よろしくお願い申し上げます。

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン