文化の継承。

先日、勉強会へ参加するため久しぶりに東京へ。

たくさんの素晴らしい経営者の方々に触れ、かなり刺激をいただいた。

また、未来の日本の漁業や食文化ってのを良い形で次世代へパスしなきゃって

羽田市場の野本会長の素晴らしい講話に、もひとつ刺激を受けた。

わが社の未来のため…いや、日本の未来のために私も何か!と力が入る。

っつうわけで、地域の運動会にて剣道の恰好してパフォーマンスを。

愛すべきおっさん達から「おっ、どないしたんや」のいじりが凄まじい。

いやいや、子供たちに武士道精神をわかってもらおうと…ね。

「良き日本人たれ」には武道の体感が必要なんじゃないかと…ね。

あ~、恥ずかしかった…である。

で、また、愛すべきおかあさん達が少しでも活躍できる場を…とね

編みもんサークルをスタートさせたわけ。

現在10人ぐらい集まってわちゃわちゃやっている。

あるおかあさんなんて「家でひとりテレビ見ててもや…寂しいてや…」

とかって話をしっかり話して、途中、疲れちゃって寝てから帰られた。

何しに来たんや…なんだけど、まあまあ、かまへん!かまへん!である。

一生懸命練習してもらい、いつかは販売させていただこうと思う。

聞くところ、日本にあるニット製品の99.7%は外国製らしい。

来たで、来たで、おかあさんの出番が来たで!なのだ。

浪速女のド根性を見せたらんかい!なのだ。

ま、せっかくなので東京へ行くから浪速男の心意気で

作ってもらったニット帽をかぶっていくことに、恥ずかしいけど…。

「えっ、どこ行くって?新宿歌舞伎町?あのテレビにでてくるとこか?」

「せや、せや。おかあさんの帽子が東京進出やで。証拠撮ってくるわな」

あ~、恥ずかしかった…である。

最後に、この写真を見た若手が

「前髪出した方がええんちゃいます、おしゃれにかぶらんと…」と。

「出す前髪あったら出すわい!ワシかて毛先を遊ばせたいわい!」である。

おかあさん、前髪出さんでもおしゃれな帽子を作ってな…。

2017/11/13

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン