銀幕デビュー。

あけちゃってだいぶ過ぎましたが、おめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

いや~、あけちゃいましたね、カラッと。

え~っと、干支は何やったっけ?犬?犬か…である。

いや、ま、その、なんつうの、龍がごとく!とか 猪突猛進!とか

やったるで~!みたいなさ、感じじゃないのね、犬って、悪いけど。

庭であくびするみたいな、なんか平穏な年に…なんて気合いがね…である。

アカン、アカン、干支みたいなんで気合いが左右されとったらアカン。

心機一転、愛すべきおかあさん方のために今年も頑張っていきたい。

そう、イノベーションである。

お店の方ではいろいろと取り組んでいく予定なんだけど、

私自身、新年早々、変革させていただく機会をいただけた。

いやね、山口県のある青年から「映画の撮影をしたくて…」とのオファー。

なぜ、堺の?ウチが?ってなるんだけど、話を聞けば…へぇぇ、なるほど!と。

おっしゃ、監督への道を頑張ろうぜ!って快諾させていただいた。

で、先日、スーパーで買物をするシーン27の撮影を

あたかもスポンサーばりの態度で見守ってたわけ。

じゃあさ、監督がイメージするキャスティングじゃない…みたいな空気になって

みんなでゴソゴソ相談し始め、ついには「あの~、出演お願いできますか…」と。

おいおいおいっ…と。

事務所を通してギャランティーの話を…なんていう冗談なんか言えず、

「お、俺?やったことないけど…、が、頑張ります!」って若者に交じった。

未来を決めきれずモラトリアムな感じの男女3人が共同生活をしてて

スーパーでの買物中、通路の真ん中でキャッキャッ談笑しているところに

「邪魔やな~」の感じでビールを買いに来たおっさんを演じることになった。

この映画で最も大事なシーン!と言いたいところだが、

えっ?それ、俺、いる?なくてもええんちゃうん…ってシーンだ。

でも、やるからには一生懸命しなければ…なんて鼓動が高まるなか

監督の「よ~い、スタート!」の声が店内に響き渡る。

画面から私がはけた後、「はい、カット~」の声とともに

「あの~、”すんません、すんません”みたいな遠慮はいらないんで

もっと、こう、邪魔や!どけ!みたいに怒った感じで…」

とガチのダメだしであえなくNG。

あちゃ~、でちゃった?人柄が…、岩橋栄太郎がでちゃった…である。

テイク2は、完全に岩橋栄太郎を消して

邪魔や!どけ!のおっさんに成りきって、一発OK!

もうね、今まで観たことのない「邪魔や!どけ!」顔だったと自負している。

役所広司か私かってぐらいの「邪魔や!どけ!」顔。

ここまで集中してきたことが今まであっただろうか?ってぐらい

この5秒ほどに私のもてる力をすべてを出しきった。

素晴らしい作品が完成することを心から祈っている。

新年早々、若者から情熱や夢など、たくさんの刺激をいただき、

まったく新しい切り口の仕事をすることでイノベーションできたように思う。

良いスタートがきれた。

改めまして今年も一年どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018/01/08

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン