ヤバい。

ちょっと前に病気をしてからというもの睡眠とかはね、

気をつけてるんだけど、食事がね、どうも…、あと、お酒がヤバい。

煙草を吸わない代わりになんかいつでもパクパク食べてるし、

よく飲むようになったような気がする…。

でね、朝まで飲んだってどうってことあるかい!って気だけはね、若いの。

いや、先日も、学生時代の友人たちと夜遅くまで飲んでたんだけど、

隣のテーブルの女の子グループのひとりが「落ちましたよ」と

50円玉を拾って私の肩をチョンチョンって…。

「んっ?」って振り返った瞬間、ま、私の50円なわけないけど、

もうね、このチャンスを生かさずして…って、その子たちと同じ歳ぐらいの感覚で

話し出そうとしてるのね、43歳とか既婚者とか普通に忘れてて「ハッ」とする。

気だけはね、なんか、ほんま若いって勘違いしてるわ…ってつくづく思う。

で、風呂場の鏡で確認する自分の顔とか腹に「やっば…」ってビックリするのだ。

それは…

「長男がスキー合宿で女子とかの前で恰好つけるためだろうか服を買いに行き、

どんなん買ってん?って袋から出してくと、胸んとこに”ALOHA”って書いてあって

”おいっ、寒いとこ行くのにアロハって書いてんぞ”って忠告した時の長男の顔」

と、まったく同じぐらいビックリする、思てたのと全然違うわって。

もっとびっくりしたのが、20歳の子たちと関わる会があって

ま、私も含め全員初対面だったし、空気がちょい堅いもんだから

一生懸命しゃべりまくってて、そこへお酒なんかも飲みだしたので

やっとほぐれだしたその時だ、ひとりの子が私にこう聞いてきた。

「えっ、誰かのお父さんですか?」と。

「あほんだら!んなわけないやろ!!」

怒鳴り散らかそうとして慌てて飲み込んだ。

いやね、43歳と20歳だから全然可能性があるから仕方ないんだけどさ、

こっちはね、20歳と話してると、気がね、20歳ぐらいになってたわけ。

ま、そりゃね、20歳は言い過ぎだけど、せめてさぁ…もうちょっとね。

なんていうの、お兄さん的な感じでしゃべってたつもりだったし、

結構イケてるもんやと思ってたのに…

お父さんは無いやろ…である。

それぐらいの子たちには、やっぱりそれぐらいに写ってるわけだ。

はあぁぁぁ…こんなに気は若いのに。

いやいや…、気だけはいつまでも青春や!である。

う~ん、しかし、ヤバいな…。

2018/02/28

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン