マジか…。

比較的あたたかい日が多かったような気がするし、

もっと、こう「さむっ」とかって縮こまってこそだと思うんだけど、

なんかね、お正月!って感じがあんまりしない…。

しかも、昨年に「平成最後の〇〇」を言ったり聞いたりし過ぎたせいか

年が明けても「あれっ、まだ平成やん」ってなんか違和感があったりして

なんかね、「あけまして」って感じもあんまりしないんだけど、ま、とりあえず…

明けましておめでとうございます!の今日この頃。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

良いお正月をお迎えできましたでしょうか。

私といえばですね…、

毎年のパターンといいますか、

妻の実家にも寄せていただいたりと

恒例行事ってやつをね、粛々と進めてまいりました。

で、まあ、寝正月は寝正月なんだけど、ただ寝っ転がってるだけでなく、

本を読んでることが多かったような気がする。

それは自己啓発をする傍ら

長男へ思いっきりメッセージを発信していたのだ。

「おいおい、スマホばっかりやのうて、本でも読まんかい!」と…。

だって、憑りつかれてるんちゃうか?ってぐらいの肌身離さずっぷり。

お互い用事があり、妻の実家から長男とふたりで帰ってた時もだ、

電車のなかでずっとサッカーのゲームとか、なんかいろいろと夢中なわけ。

駅について降りる時もまだしつこく見てるもんだから

「こらっ、歩きスマホすな!あほんだら」に、しぶしぶポケットへ。

で、乗り換え電車を待つホームについた途端、また、スマホ。

「えっ、また!そない見とかなアカンのか?われ、呪われてんぞ、スマホに…」

おいっ、せっかくやから話しようぜ!ってね、

ほぼ上の空なんだろうけど、久々の親子の会話である。

調子にのってわざと心斎橋で降り、難波までぷらぷら歩きながら会話を続けた。

南海電車へ向かう途中、お腹が急に痛くなり、トイレへ駆け込む。

便器に座り、あっ、そうや!って長男との会話の中に出てきた本を

取り寄せようとスマホを取り出すも充電が切れている。

「ちぇっ」とスマホを置き、用を済ませ、長男のもとへ。

案の定、ふりだしに戻ってスマホに夢中だ。

おいおいおいっ、もうええっちゅうねん!なんぼほどスマホ見とんねん!

その声に反応して、笑いながらスマホをポケットへしまう長男。

私のトイレで中断された会話を再び始めて5分ほど経ったとき、異変に気付いた。

あれっ、スマホがない…、うわっ、トイレや!忘れてきた!!!

戻って探すもない!駅長室にもない!どこにもない…。

いや、充電もない画面割れてるスマホ、盗ってどうすんねん!である。

「えっ、ほんまに無いん?うそやろ。どうすんの?考えられへんわ…

っていうか、俺のじゃなくてよかった~。だってや、もし、無くなったら…」

急に饒舌になる長男に腹が立つも、ショックが大きすぎて怒る気力もない。

見過ぎるのはアカンけど、無くなるっていうのは…きつい。

どっちにしたかて、ほんまにスマホって怖わっ…

…ってな感じの最低のお正月を迎えさせていただきました。

うーん、まあ、も、もう、しゃあない!心機一転や。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019/01/07

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン