大阪人。

先日、ある会議の為に「浜松」まで行くことになった。

浜松なんて行ったことないし、そもそも久しぶりの出張で

心のどこかに、なんかワクワクした感じが芽生えてきた。

いや、あまりワクワク感を出してしまうとだ、「なんや?あやしいぞ…」

なんてね、妻からの無言の圧に耐えきれる自信がないし、

ちょっと前に東京の友人と「大阪人って関東で嫌われたりするよね…」

なんて話で盛り上がったばかりなので

ワクワク感はほどほどに、嫌われない準備をせなあかんわと肝に銘ずる。

いやね、嫌いな理由つって「うるさい」や「図々しい」や「関西弁」などなど…

うーん、落ち着いて考えてみると、結構当てはまってんのね、僕。

知らず知らずのうちに嫌われてるとかって、最悪やないですか、ねっ。

そうそう、今、インフルエンザが流行してるだけど、

マスクひとつせず、予防もへったくれもなくて

「俺はインフルエンザには絶対ならん!気合いや、気合い」

とかって、根拠ゼロで大声で言うおっさんが一番迷惑だ!

なんていうニュースを耳にし、

うわっ、めっちゃ俺やん!って反省してたところなのだ。

大阪代表として、とにかく気をつけようと準備して当日を迎える。

会議が終わって懇親会が続き、最後もう一軒的なときに

ある先輩が「歌いたい!」ってなって、探すことになった。

仕方なくカラオケボックスに向かおうとしてたので

「ちょっ、ちょっと…、さずがにおっさんばっかりでカラオケは地獄っす。

せっかくの浜松。なんか浜松弁とかを話す女の子がいて歌えるとこないですか?」

関西弁を抑え、おとなしく提案させていただく。

「じゃあ…」と、ラウンジというかスナックというか

外国人が多数在籍するパブというか、歌えるらしくそこへ行くことになった。

嫌われないようにと、道端ですれ違う女の子に目もくれず、やっとお店へ到着。

ふうぅぅぅ…と息をひとつ吐き、大阪代表としてやりきった感満載で扉を開ける。

「♫やっぱ好きやねん~

やっぱ好きやねえぇぇぇん~」

大音量で気持ちよく歌うたぶん大阪人がいた。

もうね、こらっ誰や!である。

♫ねえぇぇぇん~やあるかい!だ。

ここは浜松やいうねん…。

一生懸命めっちゃ気にかけてたのに全部オジャンである。

ま、その、飲み過ぎて気持ちよくなっちゃったのかな…

大阪を前面に出した歌を歌って申し訳ありませんでした、誰か知らんけど…。

浜松の方々が大阪人を嫌いになってないことを切に祈る。

2019/01/29

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン