志。

先日、運動会が行われた。

いやー、とにかく、暑かった…。暑いってよりヤバい!ってぐらい。

というのも、お昼ご飯には体育館が解放されるんだけど、

PTA会長としてね、鍵とか窓とか開けて準備してたら

「ゾクッ」って妙な視線を感じるので、ハッと入り口の方へ目をやると

涼を求めてやってきた保護者の方々が凄い数でスタンバってて…

もうね、こんな感じに見えたもん…。

ま、しかし、ゾンビに見えるぐらいの暑さのなか、ケガや熱中症などもなく

心に残る素晴らしい運動会だったように思う。

クソ暑いなか、一生懸命がんばる子供たちに、もちろん感動させられたが、

一番心を打たれたのは…、そう、校長先生だ!とあえて言いたい。

いやね、すべての競技ひとつひとつ大きな声で応援し、

大きな拍手でこどもたちを迎え、声をかけ続けている。

で、それだけじゃない!すべてひとつひとつ写真に収め、

ホームページへタイムリーにアップされているのだ。

えっ、うそ…、どこにそんな時間ありました?である。

誰かにやらせるんじゃなくて自分で…恐れ入ります…である。

運動会だけでなく、普段からアップされているのだが、

その理由はお家での家族との会話を増やしたいからだという。

親からの「今日、学校でどうだった?」っていう会話の切り口では

子は「別に…」とそっけないのが大半らしい、うーん…わかる気がする。

なので、写真をアップすることで「今日は〇〇したらしいね」と

具体的な内容ではじめられるから会話がスムーズに流れるのでは理論だ。

ただ、申し上げにくいが、全然見たことない人も多い。

やってることすら知られていないかも…。

だけど、そんなの関係ねえ!けど、そんなの関係ねえ!なのだ。

※ま、私はちゃんと確認させていただいてますよ…

家庭での会話はひとつの教育だ!という志が動かしている、たぶん。

じゃないと、全競技タイムリーに更新なんてできない…。

ビジネスの世界でもそうだが、教育もうまくいかないことの方が多いはず。

なので、行き詰った場合、やれ親御さんの声があったので…とか

やれ時代的に〇〇が流行しているので…とか責任転嫁しがちである。

だからこそ、ゆるぎない志や姿勢、想いが大切になってくる。

「お客が見えなくなるまでお見送りをする」っつう日本が誇る文化にも似てる。

あれもお客が振り返らない限り、見送られてることすら気づかない。

でも、それは気づいてほしいからやってるのではなく、その姿勢に意味がある。

なんかね、運動会でラストサムライに出会った気分になり、

校長先生に心打たれたのだ。

校長、「真のリーダーとは?」ってのを勉強させていただきました!

PTAもすべては子供たちのためにしっかりサポートさせていただきます。

2019/05/27

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン