ええやん!

店舗を車で移動することが多いわけだが、

誰がどこで見ているかわからないので要注意である。

いやね、今日も店内で私を見つけた愛すべきおかあさんが

えらい勢いで飛んできて、言葉にならない感じで話しはじめる。

「に、にいちゃん、にいちゃん!やっとや…、会ったら言おう思てたんや」

「えっ、こわ、こわっ…、なんですの?」

「〇〇の交差点であっち向いて信号待ちしてたやろ。見てたで」

「な、なんや、それ…わからんけど、赤やったらしてたんやろな」

「うた、歌ってやろ?」

いや、ええやん!である。

えっ、あかんの?そら、見られてたんならちょっと恥ずいねんけど、

歌ぐらい歌わしたってや!である。

「うわっ、わはは…恥ずっ。気分でもよかったんちゃうかな」

「何の歌や?」

いや、ええやん!である。

別に何でもええやん!そんな飛んできて聞くようなことちゃうやん!だ。

うーん…、しかし、そうか…、見られていたか…。

いやね、結構、私は人にどう思われてるのかめっちゃ気にするタイプで…

たとえば、イキってるように見られてたらほんまに嫌なので用心している。

身近なところでいうと、サングラス。

いまだに、できない。

なんかイキってるみたいで…。

「えっ、曇りやけど…」「冬やのに、あの人…」「夜はいらんやろ…」とか

いろいろ思われてんちゃうか?なんて考えると、つけれない…。

いや、誰もね、そんなこと思わないし、私のことなんて誰も見ていない!

いちいち考えすぎやねん!なのはわかっているが、なんか、どうも…。

だけど、そんな私の息子の机にえらいもんが転がっていた。

いや、タモリか!である。

いつどこですんねん!まあまあの大人がやって恰好ええやつやろ、それ。

中学生なんかは、誕生日にローソクがたってるやつぐらいにしとけって。

まあ、彼からしたら、「ええやん!」って話なんだろうけど、

うーん…、だいぶイキっとるな。

長男よ、誰がどこで見てるかわからんぞ。

1000歩や、1000歩譲ったるから夏の海とかだけにしといてや。

俺でもイキってるって思われる可能性あんのに、おまえなんかが…。

ようやるわ…。

っていうか、勉強せえ!

2019/07/16

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン