素直。

先日、九州博多へ行く用事があった。

前日のニュースでは

「北九州など、どえらい雨です!危険です」とのこと。

おいおいおい…大丈夫かいな?である。

社員も妻も「イケる?帰ってこれる?」なんて心配してくれている。

博多の仲間に前日も当日も「ほんまにあるんか?」と連絡するも

「いやいや…意外に博多は大丈夫なんですって…」との返事。

ほんまかいな…なんて、彼の言葉を1mmも信用せずに出発した。

で、いざ、博多へ到着すると、あれっ全然降ってへんやん…なのね。

昔っからの仲間の言葉には耳を傾けず、

ニュースの情報ばかりを鵜呑みにして

自分勝手の変な思い込みを優先してたことに猛省する。

うーん、目に見えるものしか信じられなくなっているのではないか?だ。

そもそもこの九州行きは彼との出会いがあったからなのに…

そう、原因と結果の法則である。

身の回りに起きる出来事や事象、すべてに原因っつうか意味がある。

彼とのつながりをもっと感じていれば…

つながり…うーん、日本では「ご縁」なんて言ったりする。

因果の間には「縁」ってのが入って「因縁果」。

種があって花が咲くという因果の過程で

太陽の光に土や水っていう「縁」が大きな力を持ち、

ヘタしたら花が咲かない場合もあるぐらい

縁によって結果が随分と変わってくる。

彼きっかけで九州に行くことになったんだけど、

本当にたくさんの素晴らしいご縁をいただいた。

このご縁により私は多くのことを学ぶことができて

私は人間として大きく成長できるはず、たぶん。

そんな機会を作ってくれた彼に対して

本来、感謝しかないはずなのに

「博多は大丈夫ですって…」の言葉さえ素直に聞けていない自分がいる。

知らない間に、目に見えないものを大事にできてへんわ~

素直やないわ~である。

で、まあ、九州から反省しながら家に帰る。

リビングのテーブルの上には三男坊の夏休みの宿題であろう

「読書感想文」が無造作に置かれていた。

読め!とでも言っているのか…。

「くもの糸」というタイトル。

書き出しはこうだ。

「ぼくが”くもの糸”をえらんだのは、みじかかったからです」

あらっ、なんて素直。

三男坊よ、勉強させてもらいました!ありがとう。

おまえの素直さが羨ましいわ…。

さて、九州の方々、お世話になりました。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019/09/03

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン