食事。

今までに忘れられない食べ物ってある?と聞かれ、

すぐに何か思い浮かぶものがあるだろうか。

だいたいの方は、うーん…なんやろう?ってなるはず。

食を扱う仕事をしている以上、本当に旨いものを…なんてね

一生懸命探し求め、商品化するものの

なーんや、そんなもんかい!である。

しかーし、「食べ物」単体を思い出すのはめっちゃ大変なんだけど、

情景とか空間とかそういうのが加わると、なぜかいっぱい思い出される。

例えば、子供の頃、鬼のように剣道の稽古をしてて…

そう、当時は練習中は水を飲んではいけないという地獄の稽古が終わり

「死ぬ~」なんて防具を片付けてる時に、おばちゃんがお皿に山盛りの

キンキンに冷えた梨を持って「食べや~」なんて現れる。

おばはんが女神に見えた瞬間である。

歩くこともままならないほどの練習後なのに

ケンブリッジ飛鳥ばりの脚力で梨めがけて突進する餓鬼たち。

群がるもんだから、一人ふたつが精一杯だ。

盗られてはいけないと一気に口に運ぶ。

もうね、そのジューシーたるや…今でも忘れられない。

つまり、食事というのは何を食べるかよりも

誰と食べるか、どこで食べるか、どんな気分で食べるか…

そういったシチュエーションが大切になるわけだ。

私は、一番うまい酒は?といえば、結婚式で飲む酒

もしくは、大好きな人につがれた酒と思っている。

空間や時間が、銘柄とかそんなもんを超越する。

ま、もちろんね、食べ物が旨いというのが大前提なんだけど…はい。

食事についてそんなことを考えてる時に

愛すべきおかあさんがヨタヨタ歩いて近寄ってくる。

「おはようさん。どこ行くん?」

「カフェや。あんたとこのお父さんへプレゼント持っていくねん」

「えっ、なんで…どないしたん?」

「敬老の日やろ。紅白饅頭をやろう思てな」

いやいや…、80オーバーのおかあさんが73のおじいに…。

どういう心境やねん…。

バレンタインデーかなんかとごちゃ混ぜになっとんな…。

まあ、しかし、うちの親父にしたら忘れられん食べ物になるやろな。

おかあさん、紅白饅頭おおきに!

食事は楽しく食べましょう。

2019/09/18

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン