人の話は聞こう。

何かと忙しく、ちゃんとした休みは久しぶりである。

「明日は休みだ!」という感覚をできる限り味わいたいと

眠気にやられないように時折顔を洗ってまで

徹底的に夜更かしを楽しみ、眠りについた。

そして、朝、三男坊の声で起きる。

「おとうさん、剣道行くわ」

言葉とはうらはらに、純度100%の”行きたくない”が伝わってくる。

うーん、この感じだと息子3人ともキレイに剣道が嫌いという結果になりそうだ。

日本男児たるや、とりあえずは武の道を歩まなアカンやろ…

なんて今でこそ思うも、私も小学校の時は嫌で嫌で仕方がなかった。

ただ、これから人生で逃げ出したくなるようなことが山ほどある。

剣道の嫌さとは比べもんにならんぐらいえげつないやつが…ねっ。

なので、何事にも逃げ出したりしない己に克つ精神を養ってもらいたく

稽古帰りに、それはもう、やんわりやんわりとそんな話をする。

で、思った。

剣道やら、克己やら、そんなことを超越する大問題が彼にあった。

人の話を聞いてへん!ってヤツだ。

間違いなく学校の先生も剣道の先生も気づいてるはず…申し訳ない。

ま、これに関しても、私も小学校の時はその口である。

違うのはタイプ!私の場合、私語が多い系ってこと。

オカンが通信簿のコメント欄”私語が目立ちます”を指さし

「またや!!あんたな、テスト0点でもええから、しゃべりな!」

と、鬼の形相で怒ってたのを思い出す。

そう、聞いてないわけではない、ただ私語が優先されてただけである。

では、三男坊はというと、まるっきり聞いてない系。

何を考えてるのかわからないが、ボーっとすな系なのだ。

うーん、ずっとこのままではないと思うが、できるだけ早い段階で

人の話はちゃんと聞かなきゃってなってくれることを切に願っている。

そんな彼も9歳を迎えた。

彼の誇りのためにひとつだけ綴っておく。

話を聞かないからって集中力がないわけではない。

なんかわかんないけど、ビーズでアートを作る時の集中力は凄まじい。

男3兄弟のため華やかさの欠片もない家に

彼の作品のおかげでテーブルに少し華やかさが生まれた。

パックンフラワー…。

さ、三男坊よ、ありがとう。

でもって、誕生日、おめでとう!

2019/10/17

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン