人柄。

ある愛すべきおかあさんが私を見るなり「あ、あんたか…」と。

どういう流れなのか知らないが、私のブログを読んでくださってて

だけど、私を見たことがなくて「どんな顔してんのや?」

と気になって仕方がなくなってしまい、

娘さんにお願いして車イスに乗りながらご来店されての一言なのだ。

「これからも楽しみにしています」とのこと。

きょ、恐縮っす!である。

で、まあ、いろいろとお話しすると、

こんな顔してるんやろうな…と、だいぶイメージされていたという。

文章ってのは人柄っていうか本性っていうか出るっつうのだ…。

うーん、ま、男性が書いたのか女性が書いたのかってぐらいは

読み取れるが、人柄までは…わかるようなわからんような…だと思う。

とにかく、私の文章からスゲーいいヤツってのが、そりゃあもう

滲み出てたに違いない!と、いや、お願い…信じたい!である。

文章だけじゃない、顔だってそうだ、顔、男の顔は履歴書ってやつね。

40過ぎたら、細かく履歴書なんかをチェックしなくても

顔を見たら、どういうことをしてきたのか?どう生きてきたのか?

ある程度わかるって言われてて、リンカーンも「責任を持て」という。

ま、これも、うーん、わかるようなわからんような…

あっ、そういえば、先日、文章とか顔とかをはるかに凌駕して

人柄が思いっきり表現されているものに出会った。

湯呑みである。

妻にお茶をお願いしたら、これで出てきた。

「重っ!な、何や、これ?飲みにくいし、ぐちゃぐちゃやん…」

昨年、次男が修学旅行で作ってきたヤツを見つけてん!と妻。

次男を呼びつけると、「あれっ、俺が作ったヤツや」と笑っている。

「おまえ、これ、むっちゃめんどくさがって作ったやろ!」

「ちゃうわ!腹減ってたから、はよ終わらそう思って作ったんや」

「ちゃうことあらへんやないか…」である。

せっかくやから一生懸命作ろう…とか

人と違う感じで奇抜なヤツを作ったろう…とか、何にも訴えていない。

ただただ、興味がないし、面倒やな…ってのが完璧に表現されている。

次男よ、気をつけろよ!湯呑みに限らず、何だって人柄が出るんやぞ。

っていうか、感性を磨いてください…アート思考は大事やぞ。

バンクシー展やってるから行こか。

2020/11/16

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン