知らんがな!

愛すべきおかあさんが来店され、わざわざ私を呼びつける。

「にいちゃん、あのな、目覚まし時計が壊れたんやけどな…」

「にいちゃん、子犬を拾てんけど、どないかしたってや…」

「にいちゃん、あそこの〇〇のお店閉めるんやて…聞いたか?」

このような何でもない会話がしれーっと始まったりする。

ふんふん、なるほど なるほど…そやなぁ…

えーっと、どないしよかな…ちょっと待ってや…

あれっ、俺のこと、何やと思てはんねやろ…

うーん、じゃあ、ま、言うで…オ、オホンッ…

いや、知らんがな!である。

そりゃね、まさか「知らんがな!」で終わらせるつもりはおまへん…

せやけど、ま、わざわざ呼ぶもんやから

「何かいな~」って聞いたら

なんじゃそれ!やないかい…。

いや、まあね、納得のいく明確な答えだったのかどうかわからないが、

なんとか滞りなくうまいこと話が終わるのは終わるのだが、

なんやろう、えらいことに気づくのである。

それは、わざわざ私を呼びつけて話を始めなければ

このような内容のことを気軽に話をする人が周りにいないのでは…だ。

堺市でも65歳以上で4人に1人は独居高齢者と聞く。

別にね、「♪言いたいことも言えないこんな世の中は~ポイズン」ぐらい

町が反り返ってて殺伐としてるわけではないはず…と信じたい。

ただただ、気軽にね、話をする相手がいないのかな…なのだ。

で、スーパーマーケットってのは、買い物しなくてもだ

気軽に立ち寄れて 気軽に誰かと話ができる空間である。

そうありたい!とかではなくって

地域のコミュニティーとして、そう機能しなければならない!

明確な答えなんかはインターネットが解決してくれたりするが、

コミュニケーションはAIとかでは決して解決できないのだ。

そう、AIは「知らんがな!」とは絶対答えないから…。

また、活字の「知らんがな!」はどこか突き放したようで冷たく感じるが、

私の「知らんがな!」は違う、愛があるのだ、愛が。

なので、愛すべきおかあさん方々、お店に来ていただいて、

どうぞ遠慮なく「知らんがな!」話をぶち込んでください。

とにかく、「知らんがな!」と言い合える関係性を作らなきゃ、ねっ。

ご来店、お待ちしています!

2021/03/01

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン