これから。

会社へ向かう車のなかでは

「♪流れる季節の真ん中で~」なんてね

割と大きめの声で口ずさんだりしちゃっている。

そう、卒業式である。

それっぽい人をよく見かけるからである。

昨年は、PTA会長だからってことよりもうちの次男が当事者で

中止の学校もあるなか、なんとか厳戒態勢の卒業式へ参加させていただいた。

短縮バージョンで「なんか、かわいそうやな~」なんて思ったりしたけど、

今年の卒業式はそんなもんで済まへんな…である。

卒業式なにより…えっ、最後の一年間やけど何かした?想い出わい!だ。

本当にかける言葉が見当たらない…。

うーん…ただね、君たちはこれからである!ホント、これから!

もうね、コロナのことをガチャガチャ言っても何もはじまらない

「人間50年下天のうちをくらぶれば夢幻のごとくなり…」なんてね

織田っちやないけど、「是非に及ばず」っちゃあ「是非に及ばず」といえる。

ホント、麒麟がね、早く来てくれたらええなぁ…なのね。

で、今は50年どころか100年って言われている。

100年を1日に換算したら、

例えば中学生であれば15歳だから4時にもなってなくて外は真っ暗。

まだ夜明け前やん!ってぐらいこれからなのだ。

私はというと…

46歳なので人間50年…じゃなくてマジで良かったし、

1日でいえばお昼前で「お昼ご飯、何食べたろかいな…」とかって

そわそわしている1日の中で一番輝いているタイミングである、たぶん。

ま、私のことなんてどうでもよくって…

とにかく、卒業生には振り返らずに前を向いて頑張っていただきたい!

とはいえ、振り返っちゃうよね~…である。

卒業写真なんかを見ながら、あーだこーだとかね…

でも、最後の年の想い出が少なく、もう卒業写真には間に合わない…

もう二度と卒業写真には写ることはないのか…とか思っていることでしょう。

大丈夫!大人になってからでも こそっと写ることができる!

いやね、毎年、職場体験に中学生がうちの会社にやってきて

担任の先生は、その様子を記録に残すため写真を撮りにやってくる。

で、いつも、中学生と同じテンションで私も写真に映り込む。

結果、そこらの卒業写真には大人になっても数回掲載されている。

今年も卒業写真ではないが、先生が卒業生のためにわざわざ作った

特別の記録集に見事写り込むことができた。※ってか、先生、スゲー…

ただ、写真の下には「日之出屋の社長?といっしょに…」という文字。

んっ?このテンション…まさか社長じゃないかも?とか思ったのだろう…。

先生、なんでやねん!社長や、社長!ちゃんと社長や!である。

ま、このようにとかではないんだけど…

ホント、これからだから!どうか前を向いて頑張ってほしい!

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

これからのご活躍を心から祈念申し上げます!

2021/03/16

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン