占い。

緊急事態宣言が解除され、ワクチン接種も進みつつあるなか

普通の生活の一端が少しずつ手に届くもんになってほしいな…と期待する一方、

時短しなきゃ…まだまだ怖えーよ!と予断を許さない状況が、まあ、続くのだろう…。

「人命か 経済か」っつうジレンマの狭間で ほんま どないしたらええねん!である。

会社の代表として「いや、何もせんとじっとしとこか…」なんてね

のん気なことも言ってらんなくて、前へ進まなきゃ!の姿勢は大切にしたい。

で、まあ、頭を悩ましているところへだ

ある愛すべきおかあさんが「ちょっと見たろか?」という。

どうやら「占い?」を勉強しているらしくアドバイスしたろか…ってとこだろう。

「生年月日、いつや?」「1974年3月27日」

「んっ?えっ、もうすぐ誕生日やん」「いや、ま、そ、そやな…」

「えーっと、47歳か。へえぇ、そないなるか!」「せやで、おっさんやで」

「そうか、47かー。あのな、うちの子かて、もうええ歳になるんやけどな…

アカンねん…ほんまに。落ち着かんとな、ブラブラして、だらしないねん…」

いや、知らん、知らん、占いどこいってん!である。

で、まあ、娘さんの話が終わった後、いろいろ占ってもらった結果

「うーん、まあまあやな。頑張りや!」とのこと。

なんじゃそれ!である。

よう普通の顔して「まあまあやな」って言えたな…である。

まあね、そもそも占いなんてのはあまり信じない方だ、たぶん。

占いで やったらアカン言われたら、やりたいことを辞めんのかい!やし…。

ただね、おかあさんから「ソウルナンバー」とかっていう話になって

「あんた、33やんか!ええやん、ええやん!」というわけだ。

1+9+7+4+3+2+7=33

子供だましというか、なんで足すねん…の訳わからん計算式。

「えっ、なに、なに?33ってええの?」

「ええがな!今年はビックチャンスやで」

「ほんでも、さっき まあまあ 言うてたやん」

「いや…、ええことにしとくわ」

えらいでたらめやな…である。

ま、信じてないとはいえ、ええと言われたら悪い気はしない。

なるほど、今年はビックチャンスか…。

このコロナ禍で下を向きがちだが、

そう言われるとなんだか勇気が湧いてくる。

うーん、占いも悪いもんではないような…

「ほんで、奥さんの誕生日はいつや?」

まだ、すんのかい!もうええわ!である。

すっかりおっさんの47歳。

ビックチャンスのええ一年にしたい。

愛すべきおかあさん、ありがとうございました!

2021/03/29

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン