どないか頑張れば…

いやー、やっとだ、やっと日常の仕事に戻りつつある。

東京・大阪でコロナ感染者が爆発的に増えちゃって

濃厚接触者に当たる人も家からでちゃダメ!ってなって

ちょっと熱っぽいので検査してきます…とかなっちゃって

ちょい、ちょい、ちょい…

人が足らん過ぎて仕事回らんやないかい!だった。

で、なに?エッセンシャルワーカーって…

なんやそれ、急に。

いやね、エッセンシャルいうたら…

愛すべきおかあさんが

「にいちゃん、エッセンシャルどこや?」って聞いてきたから

日用雑貨のコーナーへご案内しようとすると

「えっ、ど、どこ行くんや?ウインナーやで」と言い出し

「それ、シャウエッセンや!」なんて、どえらいエッセン違いを

怒鳴り散らかしたろか!ってなった記憶しかないが、

どうやら必要不可欠な労働者って意味になるらしいんだけど、

いらん、いらん、そんな訳のわからん名前!

いや、そもそも、必要不可欠じゃない仕事ってあるんかいな…。

ま、悪いのはすべてコロナで誰も悪くないからね、

うおりゃあぁぁ…な毎日だったのが、ようやく落ち着いたわけ。

もうね、あまりの大車輪な仕事が続いたもんだから

「ドラえも~ん、何とかしてよ~」なんて

もうちょっとでのび太みたいになるところだった。

ま、とはいえ、どないか頑張ればどないかなるものである。

しかし、コロナがこうも長いこと続くと、

ドラえもんに何か道具を頼みたくもなるってもんだ。

で、まあ、「何かひとつだけ使えるとしたら…」的な会話を

誰もが一度はしたことがあるだろう。

もしもボックス、タイムマシーン、どこでもドア…

どれも素晴らしいアイテムで、夢が膨らむばかり。

ただ、ドラえもんが出してくれる道具の中には

すべてがすべて素晴らしいものばかりではない。

そう、「どくさいスイッチ」。

嫌なことをする人を消せちゃうのね。

ジャイアンとかママとか皆消しちゃって

ひとりぼっちになって泣いてるのび太へ

「ほらっ、独裁者なんていいことないでしょ」

つって、バットエンドをお見舞いするの巻である、確か。

なるほど…あの人は、子供の時に「ドラえもん」を読んでないな。

歴史のなかで恐怖社会が栄えたことなんてないのに

なんで?である。

ほらっ、これだ、これ!

手をつないで仲良くしよーぜ。

コロナで大変な時ではあるが、

それどころでない国があることに胸が痛む。

一日でも早く平和な日常が取り戻せることを祈るばかりだ。

うーん、どないか頑張れば…どないかならんかな…。

2022/03/03

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン