15の夜。

ちょっと前に諸事情でね、数日間、実家で過ごすことに。

仕事を終わらせてから夕食ってなるので、だいぶ遅くなる。

そんな時間から、オカンになんかしてもらうの悪いし、

「チンッしたら食べれるように置いといてや」とお願いする。

で、まあ、遅くにチンッして食べてるところへ、オカン登場。

「あんた、帰ってきてたん?ご苦労さん」

「おぉん、あー、ごはん、ありがとう」

「梨、むいたろか?」

いや、オカンか!である。

もうええ、もうええ!ってか、もうむいとるやないかい…。

48歳にもなるし、聞かれへん思てたけど聞かれるもんやな…だ。

なんやろう、アレやな、いつまでたっても、子は子なんやな…なんてね

半ニヤケで梨食べてたら、リビングのドアに手をかけたオカンが言う。

「もう、先寝るで おやすみ」

「あー、おやすみ」

「お風呂 はいりや」

いや、オカンか!である。

なんや…言うとかなこの子お風呂入れへんのちゃうか?とでも…

はいる、はいる、言われんでもはいるがな!勝手にさせよ…

ま、今でも「うるさっ」とか思うのに、中学3年の時やったら

♪誰にも縛られたくないと~なんて、オザキってたやろなぁである。

そう、うちの次男が15である。

ただ、彼の口から「うっせーわ」的な暴言をあまり聞いたことがない。

妻が何も言わないからか?いや、「ちゃん」づけでたまに呼んだり

文化祭とかにも行こうとするし、死ぬほど鬱陶しいはず…なのに、なぜ。

うーん、三兄弟の真ん中って謎が多いとかよく耳にする。

正直なところ、まだ掴みきれてないと言わざるをえない。

テストで良い点をとって褒められたい…とか

カッコつけて女の子にモテたい…とか

もっとあってもいいと思うんだけど、無いわけじゃないだろうが、

他人に自分をよく見せようという気が…と、甚だ疑問である。

ってか、逆に、ここまでナチュラルに生きてみたいわ…と羨ましく思う。

あと、なにより「剣道」が大きく影響しているように思う。

武士道…礼節を重んじる…とかそういったことではなく、

ただただ稽古で疲労困憊し、家に帰ればエネルギーゼロの状態だ。

どれほどの稽古なのか知る由もないが、彼の疲れ具合から推測すると…

100人を相手に斬って斬って斬りまくってきたと言わんばかり。

そうでもないとは思うが、自然体の彼がそう言うんならそうであろう。

なので、戦を終えた夜ってのは、足の裏にできた水膨れの処理に没頭し、

妻の小言どころか、無我の境地というか、何にも聞こえていないから、

ある意味自由になれた気がした15の夜であろう。

とにかく、素晴らしい師と友といっしょに剣の道を歩む君には

意識してないにしても、武士道精神が宿っていることは間違いない。

特に自分の名前にもある「仁」が育んでくれれば…。

武運を祈る。

次男よ、誕生日おめでとう。

2022/09/20

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン