名前。

知り合いに赤ちゃんが生まれ、名前を何にしようか悩むという。

確かにめっちゃムズいわな…なんて、昔を懐かしむ。

そう、こんな私でも過去に3回も経験した。

何が難しいって、縛りとかないから自由過ぎて逆に…ってのと

「良い名前」なんていう正解みたいなのがないこと。

でもって、私があーだこーだ考え抜いて出した名前も

妻が気に入らなかったら、簡単にふりだしへ戻る…だ。

間違いないのは、どれだけ考えたかという時間であったり、

その名前に行き着くプロセスとかは、めちゃくちゃ大事…たぶん。

まあ、精一杯、悩んで悩んで悩み抜いていただきたい。

名前と言えば、あのですね、ま、自分で言うのもアレなんだけど、

私の引きの強さは、はっきり言ってえげつない。

いやね、三男坊の名前が凄まじい…いや、凄まじいものに変化したのだ。

振り返れば、3回目の名前会議は、荒れに荒れて混乱の極みだった。

3回目だからって、「これでええやん…」的な惰性の流れだけにはしたくない!

何なら兄貴たち以上の名前を用意してあげたい!そんな義務感に駆られ、

長男や次男の名前会議よりも高いレベルでディスカッションを…と意気込んだ。

しかし、状況といえば、堺駅南口店を出店したドンピシャのタイミングで

会社の運営に脳みそが持っていかれて、子の名前どころではない。

資金繰りをどないしよか…名前をどないしよか…

もうね、ごちゃ混ぜになって「金満はどう?」と妻に相談したぐらい。

で、妻の「ラ行がええかなぁ」っつう“なんやそれ案”を考慮し、

なんとか考え抜いて命名されたのが…「れいわ」である。

当初、私の親父は「けったいな名前やなぁ」と感じてたという。

そんな何でもない名前が4年前のある出来事で一変する。

そう、菅さんのこれ。

テレビの前で家族全員が、もれなくひっくり返った。

「えらいこっちゃ!」である。

当の本人は、事の重大さをまったく理解していない。

近所の方々から「おっ、れいわ元年やな!」などの祝福の声に対しても、

「元年とちゃうわ!俺、2年や!」なんて、小学校の学年と勘違いしたり、

あまりにイジられるもんだから、逆にうんざりしていたほど…。

そんな彼も、先日、堺駅南口店と同じ12歳になった。

来年、中学生になるにあたり、「友達できるかなぁ…」と。

いやいやいや…自己紹介で「平成生まれのれいわです」って言える

鬼のアドバンテージをどない思てんねん!である。

私も地方でプレゼンする時があれば、三男坊の写真を掲載し、

「れいわ生誕の地・堺からやってまいりました」という掴みに

君を存分に利用させていただいている。

ま、とにかく、これからの人生で損はないわ。

お誕生日おめでとう!

2022/10/19

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン