真善美。

ちょっと、いや、まあまあバタバタすることがあって

ブログの更新が滞りすぎちゃって「やばっ」なんて

慌ててパソコンの前に座り、えーっと…と頭フル回転の結果

とりあえず、今年、寅年ってことで年男だったんだけど、

ほんで、どないやってん?なんて、ベタに振り返ってみる。

ま、あれこれといろいろあったったなかで

なんやかんやいうても「羽衣店」というのがすべてだった。

いや、なんつうの、新しいお店に注力したというわけではなく、

それによって従業員数が増えたり、お取引様も増えたり

想像以上に「人」ってのがキーワードになっていた。

ほんまに新しいご縁をたくさんいただいた一年だったように思う。

で、出店による新しいお客様とのご縁ってのがホント何よりで

先日も、羽衣店でむちゃくちゃ嬉しい声をかけてくれた。

「ほんま、よう来てくれたわ…ありがとうな」と。

いやね、新しい事業をするってスゲー量のエネルギーを使うわけ。

ま、お金もなんだけど、いろんなこと考えたり、準備したり。

で、当たり前のように計画したことが思い通りに進められるわけもなく、

おいおいおいっ、ちょっと、大丈夫かいな…なんて眠れる夜も。

そんななか、上記のような愛すべきお客様の声ですべてが報われる。

「かあぁぁぁ…、や、やってよかった…」なのだ。

だから、えっ?なんで わざわざ漢字に…しかも、一文字なん?

なんだけど、ま、私自身は今年を漢字で表すと「縁」だ。

そもそも、その「羽衣店出店」もあるご縁によって拓かれている。

そして、さらには、数々の新しいご縁が生まれたことによって

来年も新しいことにチャレンジしていくぞ!と計画を進めている。

「新しいこと…へぇ、ええやん!ところで、何の為に?」

そう、これなのだ、これ、スゲー大切にしなきゃいけない。

いやね、今、私のなかでブームになってるのが「真善美」。

何が真実で 何が善いことで 何が美しいのか。

特に最後の「美」ってやつ、新しいことってアートなの?みたいなね。

ちゃうんっすよ、サッカーのワールドカップ、見ました?

いろんなとこで、美しいシーンが盛りだくさんでめっちゃよかった、うん。

例えば、森保監督のお辞儀のシーンとか、

お辞儀の文化がない国の方まで「美しい」つってるわけだから。

善と美ってのはニコイチなんやな…なんて思ったりしてると

そう、「真善美」ってのは経営においても根幹になければ…つうこと。

なのにね、現実では、岸田さんが防衛費っていうの、で、増税?

ってか、増税されるのが嫌で綴っているわけではない。

そりゃね、必要なことなんでしょうけど、なんかね、

何の為に?がアートじゃないわぁ…って感じるわけ。

いや、もう、サッカー見ました?皆、仲良しやったのに…である。

ま、そんな知識のない人間があーだこーだ言ったって仕方がない。

とにかく、我々ができることを一生懸命取り組んでいくのみである。

今、マイブームの「真善美」を胸に。

2022/12/22

  • Post to Twitter
  • Share on Facebook

この記事にコメントする

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン