お詫び。

普段、日曜日はお休みさせていただいているのだが、

2月3日は「節分」だったため、臨時に営業させていただいた。

さすがに巻き寿司を前の日に買っといてください!ってわけにはいかない。

で、まあ、告知はするものの普段休みだからお客様来てくれないのでは…

そんな心配を少なからずしてたわけ。

それがだ、本当にたくさんのお客様が来店してくださって

なんていうの、泣きたいくらいにめちゃくちゃ嬉しいわけ。

前の日だって、電話が凄い鳴るの、「明日、やってる?」とかって。

当日もだ、「今日、営業してる?」「巻き寿司、ある?」とか

途中「にいちゃん、どっち向いて食べたらええんや?」って

いや、もう、好きなとこ向いて食べなはれ!的なやりとりをやってからの

「今日、やってるか?」などなど、嬉しい電話が本当に有難かった。

日之出屋って何がええの?って聞かれたら迷わず

なんやいうても、うちはお客様が自慢やねん!とはっきり断言できる。

それなのにだ、今年に関しては山ほど反省点が残る結果に終わる…。

巷で問題になっている廃棄が多かったとかではない。

100点満点のお客様へ最高の巻き寿司をちゃんと用意できなかった…。

良かれと思って準備してたものが、なんかすべてが裏目裏目へ…。

で、本当に有難いことに、お客様からいろいろとお叱りをいただく。

それもすべて我々のことを想い、善意に満ち溢れたお言葉の数々。

どっちかというと、怒鳴り散らしてくれた方がええのに

胸がギューっとなるような温かお言葉ばかりなのだ…。

はあぁぁぁ…である。

ただ、もう終わってしまったことをあれこれいうても仕方がない。

我々がすべきことは、二度とこういうことがないようにすることと

しっかり反省し、今まで以上に喜んでいただけるよう取り組むことである。

日々もなんですが、とにかく、来年は「倍返し」させていただく次第だ。

くうぅぅぅ…しかし、本当に申し訳ない…である。

なんかね、どうしようもなくって、呑むしかなかった。

ところが、旨いはずのお酒が、なんかね、全然美味しくない。

呑んで忘れようとしても酔わないのね、なかなか…。

顔は赤鬼ぐらい真っ赤っかなのに…。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるってのは本当である。

子供たちに「鬼は外!」って豆をぶつけてもらったのは言うまでもない。

新年だし、仕切り直しや!

ちゃんと足元を見て、最高の愛すべきおかあさん方々へ

もっともっと喜んでいただけるよう精進いたします。

心からお詫び申し上げますとともに

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019/02/05

大阪人。

先日、ある会議の為に「浜松」まで行くことになった。

浜松なんて行ったことないし、そもそも久しぶりの出張で

心のどこかに、なんかワクワクした感じが芽生えてきた。

いや、あまりワクワク感を出してしまうとだ、「なんや?あやしいぞ…」

なんてね、妻からの無言の圧に耐えきれる自信がないし、

ちょっと前に東京の友人と「大阪人って関東で嫌われたりするよね…」

なんて話で盛り上がったばかりなので

ワクワク感はほどほどに、嫌われない準備をせなあかんわと肝に銘ずる。

いやね、嫌いな理由つって「うるさい」や「図々しい」や「関西弁」などなど…

うーん、落ち着いて考えてみると、結構当てはまってんのね、僕。

知らず知らずのうちに嫌われてるとかって、最悪やないですか、ねっ。

そうそう、今、インフルエンザが流行してるだけど、

マスクひとつせず、予防もへったくれもなくて

「俺はインフルエンザには絶対ならん!気合いや、気合い」

とかって、根拠ゼロで大声で言うおっさんが一番迷惑だ!

なんていうニュースを耳にし、

うわっ、めっちゃ俺やん!って反省してたところなのだ。

大阪代表として、とにかく気をつけようと準備して当日を迎える。

会議が終わって懇親会が続き、最後もう一軒的なときに

ある先輩が「歌いたい!」ってなって、探すことになった。

仕方なくカラオケボックスに向かおうとしてたので

「ちょっ、ちょっと…、さずがにおっさんばっかりでカラオケは地獄っす。

せっかくの浜松。なんか浜松弁とかを話す女の子がいて歌えるとこないですか?」

関西弁を抑え、おとなしく提案させていただく。

「じゃあ…」と、ラウンジというかスナックというか

外国人が多数在籍するパブというか、歌えるらしくそこへ行くことになった。

嫌われないようにと、道端ですれ違う女の子に目もくれず、やっとお店へ到着。

ふうぅぅぅ…と息をひとつ吐き、大阪代表としてやりきった感満載で扉を開ける。

「♫やっぱ好きやねん~

やっぱ好きやねえぇぇぇん~」

大音量で気持ちよく歌うたぶん大阪人がいた。

もうね、こらっ誰や!である。

♫ねえぇぇぇん~やあるかい!だ。

ここは浜松やいうねん…。

一生懸命めっちゃ気にかけてたのに全部オジャンである。

ま、その、飲み過ぎて気持ちよくなっちゃったのかな…

大阪を前面に出した歌を歌って申し訳ありませんでした、誰か知らんけど…。

浜松の方々が大阪人を嫌いになってないことを切に祈る。

2019/01/29

挨拶。

いやー、鏡開きとか新年会とかなにかとバタバタとしてて

「あっ、まだ言うてなかったな。おめでとうさん」ってのも

ちらほらありつつも、ようやく落ち着いてきたのでブログを再開する。

で、まあ、なんつうの、新年の挨拶ってのはいいもんである。

先週の成人式の日も、車に乗ってたら後からクラクションを鳴らされ、

「誰や?」って停まると、助手席の窓が開き、

「おっちゃん、おめでとう!」なんて

私の同級生の娘が晴れ姿で手を振るのだ。

いや、お、おっちゃんって…。

うちに職場体験に来てたあの子が、えっ、もう20歳かいな、だ。

「ええお父さんやんけ!娘を車で送ったるなんて」

「今日だけや!」

憎まれ口を叩かれても、まあ、隣の同級生のにやけた顔ったら…である。

うちのアルバイトの子たちも挨拶に来てくれた。

いっしょに写真を撮り、後でラインで送ってもらうも

あーあーあーもう完全にお父さんやな…なんて、自分の顔に幻滅する。

100パーおっちゃんの顔だ。

また、以前バイトしてた子が結婚して買物に来るんだけど、

すっかり主婦の目になってるのね、財布とガチンコで相談する目なの。

「おっ、若奥さん!何しましょ?ってか、料理してんのか?」

「してるわ!」

かー、私には娘がいないので実際はわからないけど、

なんでも買うたるで!ってなるんやろな、世のお父さんは…である。

そういえば、成人の日の三連休の時に、仲のよかった同級生が

旦那さんを連れて買物に来てくれた。

おいおいおいっ、めちゃめちゃ嬉しいやないかい!なのだ。

ネットなんかでなんでも買える時代だけど、

やっぱりね、どう考えても顔が見えるってのはいいもんである。

人は人からしかモノは買えないのだ。

うちの会社の理念に

「わが社に集う人々の物心両面にわたる豊かさづくりをもって…」

なんてのがある。

モノのやりとりだけやなくって心ね、心。

まあ、お客様以上に私の心が豊かになっちゃったみたいで…

申し訳ないっつうか、あざーっす!である。

スーパーマーケットとは?ってググると

「頻度に消費される食料品や日用品などをセルフサービスで

短時間に購入できるようにした小売業態」なんてのがでてきた。

んなもんやあるかい!である。

スーパーマーケットの概念を変えなアカンわ!

人と触れ合い、そう強く想った今日この頃である。

2019/01/21

マジか…。

比較的あたたかい日が多かったような気がするし、

もっと、こう「さむっ」とかって縮こまってこそだと思うんだけど、

なんかね、お正月!って感じがあんまりしない…。

しかも、昨年に「平成最後の〇〇」を言ったり聞いたりし過ぎたせいか

年が明けても「あれっ、まだ平成やん」ってなんか違和感があったりして

なんかね、「あけまして」って感じもあんまりしないんだけど、ま、とりあえず…

明けましておめでとうございます!の今日この頃。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

良いお正月をお迎えできましたでしょうか。

私といえばですね…、

毎年のパターンといいますか、

妻の実家にも寄せていただいたりと

恒例行事ってやつをね、粛々と進めてまいりました。

で、まあ、寝正月は寝正月なんだけど、ただ寝っ転がってるだけでなく、

本を読んでることが多かったような気がする。

それは自己啓発をする傍ら

長男へ思いっきりメッセージを発信していたのだ。

「おいおい、スマホばっかりやのうて、本でも読まんかい!」と…。

だって、憑りつかれてるんちゃうか?ってぐらいの肌身離さずっぷり。

お互い用事があり、妻の実家から長男とふたりで帰ってた時もだ、

電車のなかでずっとサッカーのゲームとか、なんかいろいろと夢中なわけ。

駅について降りる時もまだしつこく見てるもんだから

「こらっ、歩きスマホすな!あほんだら」に、しぶしぶポケットへ。

で、乗り換え電車を待つホームについた途端、また、スマホ。

「えっ、また!そない見とかなアカンのか?われ、呪われてんぞ、スマホに…」

おいっ、せっかくやから話しようぜ!ってね、

ほぼ上の空なんだろうけど、久々の親子の会話である。

調子にのってわざと心斎橋で降り、難波までぷらぷら歩きながら会話を続けた。

南海電車へ向かう途中、お腹が急に痛くなり、トイレへ駆け込む。

便器に座り、あっ、そうや!って長男との会話の中に出てきた本を

取り寄せようとスマホを取り出すも充電が切れている。

「ちぇっ」とスマホを置き、用を済ませ、長男のもとへ。

案の定、ふりだしに戻ってスマホに夢中だ。

おいおいおいっ、もうええっちゅうねん!なんぼほどスマホ見とんねん!

その声に反応して、笑いながらスマホをポケットへしまう長男。

私のトイレで中断された会話を再び始めて5分ほど経ったとき、異変に気付いた。

あれっ、スマホがない…、うわっ、トイレや!忘れてきた!!!

戻って探すもない!駅長室にもない!どこにもない…。

いや、充電もない画面割れてるスマホ、盗ってどうすんねん!である。

「えっ、ほんまに無いん?うそやろ。どうすんの?考えられへんわ…

っていうか、俺のじゃなくてよかった~。だってや、もし、無くなったら…」

急に饒舌になる長男に腹が立つも、ショックが大きすぎて怒る気力もない。

見過ぎるのはアカンけど、無くなるっていうのは…きつい。

どっちにしたかて、ほんまにスマホって怖わっ…

…ってな感じの最低のお正月を迎えさせていただきました。

うーん、まあ、も、もう、しゃあない!心機一転や。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019/01/07

999。

地域で行われてる夜警の方々から巻き寿司の注文をいただく。

「火の用~心 マッチ1本 火事のもと カンッ カンッ」

子供たちの元気な声が響き渡っている。

うーん、しかし、スマホであったりAIであったり

いろんなもんがえげつない進歩をしてるなか、

木と木を叩いて叫ぶ!っていう、なんやろう、原始時代から

脈々と受け継がれてきたこの伝達方法は凄まじいな…と感心する。

だって、携帯電話からスマホへなんて改廃がえぐいし、

普通に小学生だってスマホを所持したりするこんな時代なのに…だ。

あっ、そうそう、そういえば、

ポケベルってのが無くなったとニュースで耳にしたばっかり。

昔、持ってる人が「0833」ってのを彼女に打ったりしてて

よう恥ずかしげもなくできるな…と思ってた。

ややこしい言い方せんと、スッと言えよ、スッと…と。

もうね、愛してるなんて「114106」である。

なんやそれ!だ。

だいたい日本人は愛してるなんて言わない。

夏目漱石さんが「I LOVE YOU」を「我、君を愛す」と訳した学生に

「はぁ?誰がそんなん言えんねん!今宵の月はキレイだね!って訳せ」

って言ったとか言ってないとか逸話がしっくりくるタイプだからね、私は。

ま、話が少し逸れたが…とにかく、どんな伝達方法であれ

相手に言葉で伝えるのは大事!ってのは今も昔も変わらないはず。

※ま、ポケベルは数字なんだけど…

年末に差し掛かり、一年の感謝をこのブログにおいて

形に残せるってのは本当に有難く思っている。

本日もたくさんの愛すべきおかあさん方とお話しをさせていただき、

「ありがとうございます」なんて言葉を交わしたけども

そんなもんでは足りないぐらいの感謝の気持ちでいっぱいなのだ。

また、ご協力いただいているお取引様に対しても

朝早く夜遅くまで頑張ってくれているスタッフのみんなにも

心より感謝申し上げます!である。

なんとか今年も無事終わろうとしている。

残りあと2日。

最後まで一生懸命ご奉仕させていただきますので

来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう

よろしくお願い申し上げます。

皆々様にとって来年もまた良き年でありますよう

心より祈念申し上げます。

改めまして、ありがとうございました。

で、まあ、ポケベル風に言うと

「999」である。

2018/12/29

サンタクロース。

「にいちゃん、まだか?」

お客様よりこんな感じで呼び止められる。

「んっ?なんか別注とかありました?」

「ちゃうがな!サンタの恰好せへんのかって言うてんねん」

いや、まだか?って…。

まあね、このお店がオープンした時ぐらいから始めたサンタクロース。

さすがに8回ぐらい続けると、そうなってくるのだろう。

運送してくれるお取引様も含めて全員が口を揃えて

「飴は?」「飴ちょうだい」「飴、おくれや」「今年も飴?」

とかってね、服の中から何がでてくるのかもわかっている…。

で、この格好はだいたいの人を笑顔にするんだけど、一方では

一人暮らしのおかあさんへの配達とかね、「ど、ど、どちら様ですか?」

なんて不審者と勘違いされがちで、こっちも「サンタや!」言う訳にもいかず、

恐怖の対象にもなりえるので注意が必要ってのも忘れてはならない。

そうそう、むかし、近所の大阪信用金庫へ何も考えずに配達にいったら

勤務されてる方全員が「えっ…」って一瞬凍りつき、

何かしらの緊急マニュアルが発動されるんやないか…って思ったほど。

で、なんつうの、24日がクリスマスの本番みたいなとこあるじゃないですか、

本当は25日がそうなんだけど。

だからね、なんか、25日は、もうええかな…なんて迷ってたわけ。

動きにくいし、あの、その、まあ、44歳にもなるし…。

うーん…って、無意識にね、ほんと、なんとなくだ、なんやろう…

なんでかわからないけど、店にある神棚の方へ目をやったの。

じゃあ、普段、あまり気にかけなかったカレンダーがね、

めっちゃ訴えかけてるような気がしてならない。

どれどれ…と読み始める。

先代やオヤジが一生懸命勉強している学問の有難いお言葉。

私もちびっと勉強させていただいているんだけど、

目が覚めたっつうか、慌ててサンタの恰好をさせていただいた。

カンタンに言うと…

創業の時はいろんな人を大切にし、感謝するんだけど、守成期に入ると

最初の精神とか苦労とか忘れて高慢になりがちだからアカンで!って話。

そう、オープンしたばっかりの時はお客様があんまりだったので

どないかせんとアカンわ!って始めた企画のひとつだったことを思い出す。

かー、えらいもんで忙しくなると、心を亡くすってよういうたもんである。

おじい、すまん!

ほんまにええタイミングで出てきてくれるやないかい!ありがとう。

感謝の気持ちを忘れず、サンタクロースさせていただきました。

来年も、もちろんはりきってさせていただきます!

終わりましたけど、メリークリスマス。

2018/12/26

こだわり。

えっ、もう、19日?である。

あいかわらずだけど、12月のスピードが凄まじい…。

で、そんな中、忘年会とかっていうのが結構あって

まあね、ベタに鍋をつついたりするわけだが、

全然つつかない人がいて、んっ?って聞いてみたら

「いや、苦手やねん、鍋」と。

それぞれの箸が…ちょっと…って言うわけだ。

自分の家族ならギリセーフらしく、潔癖ってやつなんだろう。

うーん、大変やなぁ…とか思いつつ、なんやろう、

こういう表現はおかしいかもしれないが、うらやましくも感じる。

というのも、私は、あまりこだわりがない。

これだけは譲れない…みたいなやつね。

前もね、お取引させてもらってる花屋さんの携帯電話を鳴らすと

「♪愛をこめて花束を~」って音楽が流れてきて

イジると「いや、花屋だから。当然でしょ!」とのこと。

車のナンバーだって87-87だ。

♪あ~よかったな~あなたがいて~…いうてる場合か!である。

え~、俺にもなんか無いかな?って、まさに今考えてるけど…

アカン、ほんまに無いわ…なのだ。

あそこのあれは月に一度は食べたい…とかってのも全然ないし、

ま、カレーうどんを食べる時はアツアツのご飯だと逃げ場がないので

冷めたご飯が有難い…みたいなのはあるけど、別にアツアツでも食うし。

ファッションだってそれほどこだわりってか、無頓着な方で

脱いだ服を指定のカゴに入れるってのもやっとできるようになったのは

諦めようにも諦めきれない妻がヒステリック気味に怒ってくるから…

ってぐらい何に対しても、まあまあええかげんなやつで…あ…る…

いや、あっ、あった!

いやね、先日、息子がラインにおいて「了解です」ってのを

「了」ってやってて「はあぁ?な、なんじゃそれ!」って聞くと

「り」とか「りょ」とかを使うのがトレンドなんだとか…。

もうね、イキるな!である。

どの口がぬかしとんねん!

ここ何日か前にスマホを持ち出したやつはおとなしくしとれ!だ。

そう、私はイキったらアカン!イキッたらアカン!と

常に自分に言い聞かせてる。

これに関してはめっちゃ「こだわり」を持っている。

そう、低くあれ!低くあれ!低くあれ!低くあれ!

息子同様、すぐにイキったりする場合があるので注意したい…。

ちょっとでもイキッてたら教えていただけると幸いです。

2018/12/19

やっと。

1月前ぐらいだろう、中学2年生が職場体験にやってきた。

学校では学べないことを少しでも感じてもらえれば…

なんてね、毎年の恒例行事となっている。

で、青春真っ盛りの彼らと休憩時間とかにいろんな話をするわけだ。

「あれか、普通にスマホとか持ってんのか?」「はい」

「中学生にはいらんやろ、スマホみたいなん!」「いや、いりますって」

「なんや、ほな、みんな持ってんのか?」「んー、みんなちゃいます…」

「みんなって全員やぞ、全員か」「うーん、ま、ひとりとか…かな持ってないの」

「そうか、うちの子、中2やけど…、そのひとりや。持ってへんぞ」

もうね、こんな顔。

えっ、そ、そんなにヤバいんか…。

で、まあ、さすがにね、最近は本当にかわいそうになってきて

まわりからも「よく耐えてますね…親も子も」なんて言われたりするし、

ま、テストの点数も合格点をクリアしたってことで

携帯ショップへ妻と息子とそろい踏みで出かけた。

「あれっ、えっ、おとうさん、なんか、だいぶ老けたな。あはは…」

はぁ?である。

嬉しくて嬉しくて仕方がないのか、普段そんなにしゃべらないのに

訳の分からんことをずっと口走っている。

いよいよ担当のお姉さんに呼ばれ、交渉がスタートする。

安っすいのんでええやろ!言うてんのに

iPhoneのどうたらこうたら…と、隣でまくし立ててくる。

で、1ギガっていうの?それでええやんけ!なんて言うたもんなら

「はあぁ?」

ってね、誰に教えてもらったらそんな顔できんねん!ぐらい

自分のむすこなのに今まで見たことのない顔で怒ってくる。

「何もでけへんわ!」「何もでけへんことあるかい。Wi-Hiがあるとこでせえや」

「なんでやねん」「なんや、公園ですんのか?そんなとこですな。野球とかせえ」

「公園でするわけないやろ」「なんや、駅とか電車でか?友達とおしゃべりせえ!」

ま、こんな言い合いをやりながらも、ようやく手に入れたはiPhoneは

もうね、天皇陛下へ献上するかのように両手で大事に大事に扱っている。

テストの点数が何点以下になれば1か月没収とか

11時以降使用すれば2週間?没収とか

なにやら妻と何項目もある誓約書が交わされていた。

ま、信用するしかないんだけど、上手に使ってくれれば…である。

しかし、時代っちゃあ時代なんかもしれないが…難いのぉぉ。

長男よ、ワレ、こらっ、甘やかすのは簡単やねんからな!

今までひっぱってきたけど、さすがに、なっ。

我慢した分、逆に振り切ってまうんちゃうかと心配する今日この頃。

友人たちよ、良き友と信じています。

2018/12/11

心が小さい。

「お客様目線」とか「消費者視点」とか、商売をしていると

お客様の立場にたって考えなきゃ…なんてね、そんな話がよくでる。

言葉ではカンタンに表現できるんだけど、

うーん、これがなんとも難しかったりする。

実際、自分がお客様の立場になることだって多いのに…ねっ。

ほらっ、車を運転する時と歩行者の時のアレが一番わかりやすい。

車を運転していると、「ちっ、歩行者が邪魔やな…」ってなるし

歩行者の時は、「ちっ、車、うっとうしいのぅ…」ってなるし。

ある記事なんかでは、背があまり高くない男性が仕事において

「背が低いため、後輩を見上げながら指導しなきゃいけないので悩む」

なんて記事を読んだことあるけど、

やっぱそんなもんなのかな…、関係ないんちゃうん?とか思ってた。

私自身が身長180cmで、後輩が私よりデカいとかっていう

ま、たまにいるけど、多いことはなくって少ないからピンッとこなかったのだ。

で、先日、ピンッときた。

いやね、堺ブレイザーズのバレーボール選手が3人お店にへ取材に来てくれた。

えっ、何喰ったら そうなんの?ってぐらいデカい。

お店の前で写真撮影をしたんだけど、

あれっ、えっ、なんか、恥ずかしい…そんな気持ちになる。

もし、私がこの3人の上司なら、うんっ、悩むかもしれんな…。

そりゃね、もちろん彼らは私を見下してはないけど、

なんかね、やっぱ、な、なんやねん!だ。

今まで背の低い友達とかにいろいろいじったりしてたけど、

体感することによって、えらい申し訳なかったな…って猛省する。

いやー、身体はそれなりに大きいかもしれないが、

身体なんてのよりもっと大切な「心」は

本当に小さい男だったんじゃないかな…である。

この体感を機に、友達とかを身長のことで二度といじったりしないことを誓う。

そして、身長が180㎝ではなく、

本当は178.5cmと訂正して終わりにしたいと思う。

「身長、何cm?」と、特に女性に聞かれると、

まだまだ恰好つけたいのであろうか

平気で180cmと答えてた。

本当に、心が小さすぎる…。

※堺ブレイザーズのみなさん、ありがとうございました。

地元やし、しっかり応戦させていただきます!

男子バレーは迫力が違うので、ホームゲームは是非、応援へ!!

2018/12/03

素晴らしい1日。

仕事以外のことで忙しく、ブログが疎かになっている…。

仕事がお休みの日だってなんやかんやと用事が…、はい。

先日も自治会の避難訓練たるものに参加させていただいた。

ま、地域のことだからね、「はい、喜んで!」の気概でお手伝いに。

9時30分開始だってのに、もうね、7時とかかな?もっと早いかも?

たくさんの愛すべきおかあさん方が豚汁の準備にてんてこまい。

いや~こんな光景を見るとね、だいたいのもんは女性で回ってるわ…

男はアカン、なんやいうても女やで…なんて思う。

そう思わせるのは、なんてったっての「愛すべきおとうさん方」だ。

テントやマイクの設置をしていると、

「おいっ、息子!マイクのテストや。なんか歌え!」

いや、なんか歌え!って…と苦笑いしてたら、ひとりのおとうさんがマイクを持ち

「あー、あー、チェス!チェス!」とか言い出す。

いや、テステス。テストや!なんや、チェスって…。

で、まあ、マイクのテストが合格すると、あとはもう談笑するしかない感じになったが、

”防災”と書かれたお揃いのジャンパーを初参加の私が着ていないことに気づき

「おいっ、ジャンパー入った箱、あっちにあったやろ。持って来たれ」

「なんでや、そっちへ持っていったはずや」

なんて、仕事やない仕事やのに なんかええ仕事できたわみたいに声が飛び交う。

やっと箱が見つかり、サイズを探してくれる。

「XLとかは大きすぎるか?」「背高いからな、イケるやろ」

「んっ?F?Fってなんや?」「フリーや、フリー」

多い、多い、探してくれる人、多い!仕事取り合ってるやん!だ。

「いっぺん着てみぃ」と一枚のベストが投げられる。

袋を開けて、着ようとするんだけど…

ポケットに手を入れてたり、腕組みしたりして、7.8人の愛すべきおとうさんが

目の前で私の着替える様をじーーーーーっと見ているわけだ。

「なんや、何を笑てんや?」

「いや、そら、笑けてきますわ…、あのね

44歳にもなって、着替えをそない見られるとは思わんかったし…」

で、チャックを上まであげて着替え完了した瞬間

「おっ、ええやん!」と。

いや、ええやん!やあるかい…である。

「似合うやん!」

こんなもん、似合うもへったっくれもあるかい!である。

七五三で写真を撮られる子供の気分がよう分かりました。

あー恥ずっ!

しかし、愛すべきおかあさんはちょくちょくお店でお話しできるが、

愛すべきおとうさん方とは久しぶりに触れ合えたし

皆さんがなんやかんやといろいろしてくださってることが

よーーーーくわかって素晴らしい1日となりました。

感謝しています。

これからもよろしくお願い申し上げます。

2018/11/26

ブログトップへ

最近のコメント

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン